【国際】グッドイヤー、都市交通用タイヤで原料を石油から大豆へ一部転換。2040年石油原料ゼロへ

 タイヤ製造世界大手米グッドイヤータイヤは5月4日、同社主力の都市交通用タイヤ「メトロ・マイラー」の一部で、石油由来原料の一部を、大豆油由来原料に転換すると発表した。大豆油は、食用油生産での余剰分を活用する。  今回のア […]

【アメリカ】マクドナルド、再生・バイオ素材の飲料カップを実証投入。店舗廃食油も原料

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは3月22日、プラスチック製の飲料カップに関し、再生素材と、植物由来のバイオ素材を同量ずつ使用したカップの実証を開始したと発表した。ジョージア州サバンナ地区の28店舗で実施している […]

【スウェーデン】ボルボ・カーズ、バイオ繊維ベンチャーに戦略投資。車両のコンポジットで活用

 スウェーデン自動車大手ボルボ・カーズは4月5日、ベンチャーキャピタル部門であるボルボ・カーズ・テック・ファンドを通じ、スイスのバイオ高機能分子素材スタートアップBcompへの投資を行うことを発表した。  Bcompは、

【インド】ソルベイとP&G、持続可能なグアー豆生産で協働。女性エンパワーメントとバイオプラ

 ベルギー化学大手ソルベイは4月5日、インド・ラジャスタン州で展開する同社農業支援プログラム「サステナブル・グアー・イニシアチブ(SGI)」で、持続可能なグアー豆生産の大規模加速に向け、消費財世界大手米P&Gと […]

【国際】ペプシコ、再生バイオプラスチックの活用発表。サプライチェーンへ導入検討

 食品世界大手米ペプシコは2月15日、二酸化炭素排出を抑制する代替プラスチックを採用すると発表した。対象は、ブラジルの物流センター2拠点で利用するパレット。同アクションは、サステナビリティ・ロードマップ「ペプシコ・ポジテ […]

【日本】三井化学、化成品のサーキュラーエコノミー化着々。クラッカーでのアンモニア燃料転換も

 三井化学は2月1日、日本IBMとの間で2021年4月に開始したブロックチェーン技術を使ったプラスチック資源循環プラットフォームを活用し、トレーサビリティを確保した再生プラスチックの販売を石塚化学産業が開始したと発表した […]

【日本】サントリー、再生または植物由来100%のボトルが2022年に半数へ。新ラベル表示も

 サントリーホールディングス傘下のサントリー食品インターナショナルは1月28日、ペットボトルの再生素材または植物由来素材への転換に関し、日本分は2022年に再生素材または植物由来素材100%のペットボトルが半分を占めるこ […]

【韓国】政府、小売・外食で日本より厳しいプラ規制強化へ。使い捨てレジ袋も全面禁止へ

 韓国環境部は12月23日、プラスチック削減政策を発表。プラスチックのリサイクル率を引き上げるとともに、使い捨てレジ袋の配布禁止も掲げた。韓国政府が宣言した2050年カーボンニュートラル政策の一環。  今回の発表では、

Links