private 【国際】機関投資家グループ、畜産・水産大手の人獣共通感染症ランキング。日系3社は「非常に高い」

Facebook Twitter Google+

 機関投資家のイニシアチブは6月4日、動物性たんぱく質食品である肉、魚、乳製品の生産事業者大手の7割以上について、人獣共通感染症リスクが高く、パンデミック防止への対策が不十分とするレポートをまとめた。大手60社についてのランキングも発表した。人獣共通感染症は、新型コロナウイルス・パンデミックを機に関心が世界的に高まっており、緊急調査が実施された。  今回のレポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】UNEP、将来パンデミックリスク緩和に向け人獣共通感染症のマッピング作業強化

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は5月12日、将来のパンデミックリスクを緩和するため、人獣共通感染症のマッピング作業を強化すると発表した。インフルエンザウイルスやコロナウイルスは、人獣共通感染症で、動物がウイルスを運ぶ過程で変種が表れ、新型コロナウイルスのようなパンデミック性の高い種が出現する。  今回発表のアクションは、UNEPが同日に発表した「新型コロナウイルスへの対応」プログラムの一つ。同プログラムでは、新型コロナウイルス・パンデミッ [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行のパンデミック債が条件発動。償還残金は後進国政府への支援に活用

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は4月17日、2017年に発行したパンデミック債が、当初設定されていた発動条件を満たしたと発表した。これにより、パンデミック債を購入した投資家は、償還前の残金の償還権利を失い、残金は発展途上国政府を支援する「パンデミック緊急ファシリティ(PEF:Pandemic Emergency Financing Facility)」に送られることとなった。 【参考】【国際】世界銀行、パンデミック緊急ファシリティ(PEF)用に債券とデリ [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、新型コロナウイルスをパンデミック認定〜フェーズ6での推奨政策とは〜

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は3月11日、新型コロナウイルス(COVID-19)を「パンデミック(世界的大流行)」と認定した。パンデミックは、WHOの感染病分類の中で最も重い「フェーズ6」を意味する。  WHOのパンデミック認定は、WHOの文書「パンデミック・インフルエンザ準備・対応ガイダンス」に基づくもの。同ガイダンスは1999年に策定され、2005年、2009年と2回改訂。パンデミック発生を阻止するために6 [...]

» 続きを読む

【日本】住友化学、デング熱・ジカ熱対策に有効な蚊駆除樹脂製剤で世界初のWHO推進取得

Facebook Twitter Google+

 住友化学は8月2日、デング熱やジカ熱等の感染症予防に有効な長期残効型の蚊発生源処理樹脂製剤「スミラブ®2MR」が、発生源処理用樹脂製剤として世界で初めて世界保健機関(WHO)の推薦を取得したと発表した。「スミラブ®2MR」は、手のひらサイズのプラスチック固形物に薬剤が練り込まれており、水面等に浮かべ薬剤を徐々に溶解させることで、長期間に渡り、蚊の羽化を阻害することができる。  強力な感染症であるデング熱やジカ熱は、蚊を媒介として感染 [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、パンデミック緊急ファシリティ(PEF)用に債券とデリバティブで資金調達

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は6月28日、2016年5月に発表した「パンデミック緊急ファシリティ(PEF:Pandemic Emergency Financing Facility)」に資金提供するための機関債を3億2,000万米ドル(約360億円)発行した。  パンデミック緊急ファシリティ(PEF)は、発展途上国でのパンデミック(致死性の高い感染症の世界的大流行)の発生時に対策のため資金拠出を行う制度。世界銀行の [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る