private 【国際】化粧品大手5社、製品ライフサイクルの環境インパクト測定とスコアリング手法を共同策定へ

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアル、消費財世界大手英ユニリーバ、ドイツ消費財大手ヘンケル、ブラジル化粧品大手ナチュラ、高級アパレル世界大手仏LVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトンの5社は9月20日、コンソーシアムを発足し、化粧品に対する環境インパクト測定とスコアリング手法を共同策定すると発表した。科学的根拠に基づく環境インパクトの情報を消費者に明示し、透明性を確保する狙い。  今回のアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】ヘンケル、同社製造拠点初のカーボンニュートラル達成。再エネとバイオガス活用

Facebook Twitter Google+

 ドイツ消費財大手ヘンケルは8月17日、ドイツ・クレーフェルトにあるヘンケル・フレグランス・センターで、生産でのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を達成したと発表した。ヘンケル・フレグランス・センターは、生産拠点として同社2番目の規模。生産拠点のカーボンニュートラル達成は同社初。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】化学大手、プラスチック・リサイクル増強。新興国でも。ケミカルリサイクルが大規模化

Facebook Twitter Google+

 化学大手各社が、事業のサーキュラーエコノミー化に向け、リサイクル企業との連携やリサイクル工場建設を強化してきている。すでに流れは先進国だけでなく、新興国にも波及。ケミカルリサイクル勢力の規模の経済追求の姿勢も目立ってきた。  石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)と英ケミカルリサイクルPlastic Energyは1月21日、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】ヘンケル、再生プラ容器導入が順調に進捗。ソーシャル・プラスチック認証にも注力

Facebook Twitter Google+

 ドイツ消費財大手ヘンケルは12月17日、持続可能な包装・容器への取り組みについてマイルストーンを達成したと発表。2020年単年で、欧州市場において100%再生プラスチック製の容器7億本の投入を行った。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ヘンケル、ヘアカラー容器で100%再生アルミチューブ活用。コティは植物由来マスカラ投入

Facebook Twitter Google+

 ドイツ消費財大手ヘンケルは11月19日、ヘアカラー商品のチューブ容器で、再生アルミニウム素材で100%製造したチューブに切り替えると発表した。今回採用する再生アルミ素材は100%リサイクル可能。バージン・アルミニウムと比べ二酸化炭素排出量を最大95%削減できる。  アルミニウムは、世界的に高いリサイクル率を誇る一方、飲料缶の製造等、複数業界で需要が高いため、リサイクル素材の活用は限定的。同社は、産業廃棄物由来の再生アルミニウムを使用 [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】ヘンケル、主力商品の消費財製品容器を再生プラに大幅切替完了。植物由来素材も

Facebook Twitter Google+

 ドイツ消費財大手ヘンケルは10月23日、同社のヘア・ボディケアブランド「Nature Box」、ヘアケアブランド「Syoss」、「Gliss Kur」をリニューアルし、パッケージの環境サステナビリティを向上させたと発表した。同社は、2025年までに全製品を100%リサイクルまたはリユース可能なパッケージにする目標を掲げている。  Nature Boxは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】ヘンケル、主力トリートメントGliss Kurで植物由来成分を96%にまで向上。容器でも再生素材活用

Facebook Twitter Google+

 ドイツ消費財大手ヘンケルは8月25日、ヘアケアブランド「シュワルツコフ」の主力トリートメント商品「Gliss Kur」のリニューアルを発表。植物由来成分の構成比率を96%にまで引き上げ、製品容器でも再生素材割合を大幅に高めた。8月中にドイツでの販売を開始した。  Gliss Kurは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】ヘンケル、世界初の廃プラスチック削減ボンド74億円発行。第一生命向けの私募債

Facebook Twitter Google+

 ドイツ消費財大手ヘンケルは7月3日、プラスチック廃棄物削減を資金使途とする社債を7,000万米ドル(約74億円)発行したと発表した。同ボンドは年限5年の私募債で、第一生命保険が全額購入。購入額は第一生命保険が約53億円、第一フロンティア生命保険が約21億円。ヘンケルは今回の社債を「世界初の廃プラスチック削減債」と呼称している。  ヘンケルは、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】リサイクル表示ラベルのHow2Recycle、有力企業8社が参加表明。新たな業界標準に

Facebook Twitter Google+

 米国でリサイクル可能製品の共通ラベルを推進している「How2Recycle」プログラムは4月19日、米大手企業のキャンベル・スープ・カンパニー、ネスレ・ウォーターズ・ノースアメリカ、ユニリーバ、ヘンケル、レキットベンキーザー、Ocean Spray、Church&Dwightの8社が新たに同プログラムに参加することを発表した。  How2Recycleプログラムは、米環境NGOのGreenblueが運営するプロジェクト「Sustai [...]

» 続きを読む

【アメリカ】イーストマン・ケミカル、米国企業として初となるTogether for Sustainabilityに加盟

Facebook Twitter Google+

 米化学メーカー大手のイーストマン・ケミカルは6月4日、化学業界の持続可能なサプライチェーンを推進する国際イニシアチブのTogether for Sustainability(以下、TfS)に米国企業として初めて加盟したと発表した。  TfSはヨーロッパに本拠を置くグローバル化学企業6社のCPO(最高調達責任者)らにより2011年に設立された、持続可能な調達の推進を目的とするイニシアチブだ。会員企業の中には世界最大の化学メーカーBAS [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る