【国際】UNDP、新型コロナで脆弱な途上国の窮状訴え。FAOも飢餓防止で食料サプライチェーン維持要請

Facebook Twitter Google+

 国連開発計画(UNDP)は4月29日、新型コロナウイルス・パンデミックで重要となる医療インフラについて、先進国と発展途上国の状況を比較したデータをまとめた資料を発表。発展途上国での感染防止や治療で多くの困難が予想される事情を伝え、発展途上国に対する支援を呼びかけた。  UNDPは、各国や各地域の開発において、経済指標だけでなく「人間開発指数(HDI)」という社会インフラ状況も重視しており、今回は医療インフラの状況をデータで示した。 [...]

» 続きを読む

【国際】UNDPや各種団体、新型コロナで移民労働者やサプライヤー従業員の人権保護要請。アパレルと食品

Facebook Twitter Google+

 国連開発計画(UNDP)は4月10日、新型コロナウイルス・パンデミックに際し、企業が自己点検するための人権デューデリジェンス簡易チェックリストを発表した。UNDP以外にも、パンデミック後、人権、とりわけ発展途上国のサプライヤーの人権について各機関から発表が相次いでいる。 UNDPのチェックリストには、「準備期」「対応期」「回復期」の3つのフェーズにおいて、「労働安全衛生」「労働権」「プライバシー」「偏見・差別防止」「環境・コミュニテ [...]

» 続きを読む

【国際】UNDP、気候変動アクションに関する市民の声を収集するゲームをリリース

Facebook Twitter Google+

 国連開発計画(UNDP)は2月13日、ゲームを通じて気候変動アクションに関する市民の声を収集するアクションを開始した。クイズ形式のオンラインゲーム「Mission 1.5」により、市民の認識を収集。収集データは分析され、各国政府に提供される。  UNDPは、気候変動1.5℃目標の達成に向け、市民の認識を政府が把握することが非常に重要と位置づけている。しかし市民の認識を政府が収集することは用意ではなく、今回、若者活動家、タレント等の提 [...]

» 続きを読む

【国際】UNDP、WRI等5機関、原始林1億平方キロ保護アクション「Forests for Life Partnership」発足

Facebook Twitter Google+

 国連開発計画(UNDP)、世界資源研究所(WRI)、Global Wildlife Conservation、Rainforest Foundation Norway、Wildlife Conservation Societyの5機関は9月25日、森林と生物多様性に関する新たなパートナーシップ「Forests for Life Partnership」を締結した。世界で最も手つかずの原始林10億ヘクタール(1億km2の保護及び再生を [...]

» 続きを読む

private 【国際】WRI、持続可能な食糧レポートを発表。国連諸機関も協力。現状ままでは危機的な未来

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)は7月17日、2050年までに世界人口が100億人を超える状況を見据え、未来の持続可能な食糧に関するレポートを発表した。今回のレポートは、国連環境計画(UNEP)、世界銀行、国連開発計画(UNDP)、仏国際農業開発研究センター(CIRAD)、仏国立農学研究所(INRA)とパートナーシップ締結の上、WRIが作成したもの。現状の食糧システムでは対応できないとし3つのギャップを指摘。迅速な改革を求め [...]

» 続きを読む

【国際】UNDP、開発金融に「Co-finance」概念重要と強調。国際機関・政府に啓蒙ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国連開発計画(UNDP)と、英ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン・アンド・トロピカル・メディスン(LSHTM)のSTRIVEリサーチ・コンソーシアムは4月11日、複数の資金拠出者や投資家が連携して特定プロジェクトにファイアンスする「Co-finance」の重要性を伝えるレポートを発表した。作成には、日本政府も協力した。  国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成のためには、多くの資金需要を生み出し、投資機会も増えている。一方で、国 [...]

» 続きを読む

【国際】国連機関、NGO、政府、金採掘での水銀排出削減で連携。200億円拠出し水銀中毒防止

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのConservation International(CI)、地球環境ファシリティ(GEF)、国連開発計画(UNDP)、国連環境計画(UNEP)、国連工業開発機関(UNIDO)、及びブルキナファソ、コロンビア、ガイアナ、インドネシア、ケニア、モンゴル、フィリピン、ペルーの各政府は2月18日、金採掘での有毒水銀を削減し、鉱夫の労働安全衛生を改善するプログラム展開で合意した。  同プログラムは、GEFの「Global O [...]

» 続きを読む

【ウガンダ】政府、農業分野の国家気候変動適応計画(NAP)策定。FAOとUNDPが策定支援

Facebook Twitter Google+

 ウガンダ政府は11月28日、国連食糧農業機関(FAO)と国連開発計画(UNDP)の技術支援を受け、農業分野の国家適応計画(NAP)を初めて策定した。農業分野の気候変動適応のためのセクターポリシーや計画、予算を固めた。気候変動が進行する中、国家適応計画の策定は各国にとって急務となってきている。  今回のNAPは、ウガンダ農業・動物産業・漁業省が、水・環境省との連携しながら策定した。FAOとUNDPは、農業セクターの国家適応計画策定に [...]

» 続きを読む

【国際】インパクト・マネジメントの国際イニシアチブ「IMP」発足。UNDP、IFC、PRI、GIIN、GRI等参加

Facebook Twitter Google+

   国際機関複数は9月26日、事業や投資の分野でのインパクト・マネジメントに関する国際イニシアチブ「インパクト・マネジメント・プロジェクト(IMP)」を発足した。参加機関は、国連開発計画(UNDP)、国際金融公社(IFC)、経済協力開発機構(OECD)、国連責任投資原則(PRI)、GRI、Global Impact Investing Network(GIIN)、Social Value International(SVI)、Wor [...]

» 続きを読む

【国際】UNDP、AIコンソーシアムに参加。IT大手とAI活用によるSDGs達成を検討

Facebook Twitter Google+

 UNDP(国連開発計画)は8月1日、IT大手が主導するAIに関するコンソーシアム「Partnership on Artificial Intelligence(AI)」に参加した。同コンソーシアムは、アマゾン、グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、IBM、DeepMindが2016年に設立。人間にとって安全、倫理的、透明性のあるAI開発を目指すためのプラットフォーム。現在、参加組織にはアクセンチュア、インテル、eBay等の企業や [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る