【国際】キッチン、ランドリー、バスルーム機器が世界の電子廃棄物(E-waste)全体の半数以上を占める

Facebook Twitter Google+

 国連大学は4月19日、2014年の電子廃棄物(E-waste)に関する報告書を公表した。同報告書によると、2014年の全世界における電子廃棄物の総量は推定4180万トンで、2018年までに21%増加する見込みだという。  また、同報告書は急増する電子廃棄物の種類や量、地域特性などについてこれまでにない詳細な知見を提示している。以下が注目すべき点だ。 種類および量:約60%は家庭や企業で使用された大小の機器 掃除機、電子レンジ、トース [...]

» 続きを読む

【国際】2015年度のThe Social Progress Indexが公表。社会的進歩への投資は経済成長に欠かせない。

Facebook Twitter Google+

 富裕国、貧困国にかかわらず、人々の生活の質を向上させる最も効果的な方法は、社会的進歩に投資することだ。そう主張するのは、米国を拠点とするNPOのSocial Progress Imperativeだ。同団体は4月9日、2015年度の「The Social Progress Index(社会的進歩指標)」を公表した。同指標は52の項目を通じて社会、環境面における成果を可視化し、世界133カ国をランキング化したもので、世界人口の99%の [...]

» 続きを読む

【国際】最も人気の高い記事はボランティアとコミュニティエンゲージメント。3BL Mediaが調査

Facebook Twitter Google+

 CSR・サステナビリティ専門メディアの3BL Mediaは3月30日、同社の会員企業やNGOらが配信している記事、コンテンツのアクセス状況をカテゴリ別に分析した結果、ボランティア活動とコミュニティエンゲージメントに関する記事が最も多くの関心を集めていることが分かったと公表した。環境、気候変動に関するニュースは2番目に人気が高いという結果となった。  3BL MediaのCMOを務めている Dave Armon氏は「我々は、どのような [...]

» 続きを読む

【国際】IKEA Foundation、UNHCRと協働して画期的な難民シェルターを開発

Facebook Twitter Google+

 家具大手のIEKAが、自社の強みを活かしたユニークなCSR活動を展開している。IKEA Foundationは3月、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)との協働により、世界中の難民の人々のためのより安全で耐久性の高い革新的なシェルターを開発したと発表した。UNHCRはこの新たなシェルターをIKEA Foundationが設立したNPOが運営する社会的企業のBette Shelterに既に1万台発注済みだという。  Better S [...]

» 続きを読む

【国際】CDPへの署名機関投資家数は順調に増加。高まるCDPの影響力。

Facebook Twitter Google+

 世界の機関投資家らが集まり、企業に対して気候変動に関する情報開示を求めている国際団体のCDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)が、かつてないほどの影響力を持ちつつある。2015年3月現在、総計95兆米ドルの資産を有する822の機関投資家が、世界の大手上場企業5,850社に対し、CDPを通じて環境データ、戦略、行動に関する情報開示を要求している。  さらに今年は、CDPは12月にパリで開かれるCOP21に先立って気候変動 [...]

» 続きを読む

【国際】アクセンチュア、2020年までに300万人の就業・起業を支援

Facebook Twitter Google+

 戦略コンサルティング大手のアクセンチュアは3月31日、2014年度のコーポレート・シティズンシップ報告書"Making a Measurable Difference"を公表した。同報告書には、2020年までの目標や人々の生活向上、環境保護に関する同社の取り組みがまとめられている。  同報告書によれば、アクセンチュアは同社が他社と協働して展開している"Skill to Succeed"イニシアチブを通じて、2020年度までに300万 [...]

» 続きを読む

【国際】オックスファム、食品・飲料大手10社のサステナビリティランキング”Behind the Brand”を公表

Facebook Twitter Google+

 国際NGOのオックスファムは3月31日、大手食品・飲料企業10社の食糧課題・サステナビリティへの取り組み状況を評価したランキング、"Behind the Brand"を公表した。3回目となる今年のランキングでは、ユニリーバが50点(70点満点)を獲得し、48点のネスレを抑えて1位に輝いた。  同ランキングはアソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズ、コカ・コーラ、ダノン、ゼネラル・ミルズ、ケロッグ、マース、モンデリーズ、ネスレ、ペプシ [...]

» 続きを読む

【国際】サステナビリティとブランド力との間に相関関係。CSR Hub調査。

Facebook Twitter Google+

 CSR評価・データ提供大手のCSR Hubと、ブランド戦略コンサルティングのBrand Finance社が、企業のブランドとサステナビリティの関係に関する非常に興味深い研究を実施している。  CSR Hubは2013年に同社のCSR評価とBrand Finance社の公表しているBSI(Brand Strength Index:ブランド力指数)との相関関係について調査した結果、幅広い業界に渡る1,000社以上の企業において、両者の評 [...]

» 続きを読む

【国際】責任あるサプライチェーンがもたらす3つの利益。世界経済フォーラムが報告書を公表

Facebook Twitter Google+

 World Economic Forum(世界経済フォーラム)は3月24日、責任あるサプライチェーンが企業にもたらす3つの利点についてまとめた報告書"Beyond Supply Chains – Empowering Value Chains"を公表した。同報告書によると、責任あるサプライチェーン慣行の実践は「収益増加」「サプライチェーン上のコスト削減」「ブランド価値向上」という3つの利点を企業にもたらし、さらにCO2排出量削減や人 [...]

» 続きを読む

【国際】EICC、CDPのサプライチェーンプログラムへの参加を公表

Facebook Twitter Google+

 電子業界のサステナビリティ向上に取り組む業界団体のEICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)とCDPは2月24日、電子業界のサプライチェーンにおける温室効果ガス(以下、GHG)のさらなる情報開示と削減に向けて協働していくことを公表した。過去14年間にわたり自然資本に関わる情報開示システムを通じてビジネス業界の気候変動対策を後押ししてきたCDPが展開するサプライチェーンプログラムに、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る