【EU】欧州連合理事会、大企業の透明性向上に向け、非財務情報開示義務指令を承認

Facebook Twitter Google+

欧州連合理事会は9月29日、EU域内の大企業に対して非財務情報および取締役会構成員の多様性に関する情報の開示を義務づける指令を正式に承認した。 同指令により、今後EUの大企業は環境面、社会面、従業員に関連する事項、人権の尊重、腐敗防止、贈収賄などに関する非財務情報を年次で報告することが義務づけられる予定だ。報告書の中にはこれらの事項に関する方針、アウトカム、リスクに関する説明も盛り込む必要があり、それらの事項に関する方針を開示しない場 [...]

» 続きを読む

【EU】2030年のエネルギー効率化目標を30%と発表

Facebook Twitter Google+

欧州委員会は7月23日、2030年までにエネルギー効率を30%向上させるという目標を発表した。 今回の枠組みがもたらす利益としては、環境面への好影響だけではなく、EU企業への新たなビジネス機会創出、消費者の光熱費負担軽減、天然ガスの輸入比率低下によるエネルギー安全保障の強化などが挙げられており、より政策の費用対効果が意識されたものとなっている。 また、この30%という目標は、2020年までにエネルギー効率を20%向上させるという目標に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】企業協議会、連邦政府の水規制強化の動きを支持

Facebook Twitter Google+

全米で20万事業者以上が加盟している米American Sustainable Business Council(ASBC)は、アメリカ環境保護庁(EPA)の提唱している水の安全性を高める新たな規制を支持すると発表した。新たな規制では、クリーン・ウォーター連邦法のもとでアメリカ環境保護庁が規制権限を持つことを定めている。このニュースの革新性は、日本人は理解しづらいかもしれない。アメリカ国内で環境規制の中で起こっていた問題は、連邦政府と [...]

» 続きを読む

【カナダ】オンタリオ裁判所がエクアドル先住民を支持しシェブロンに賠償命令

Facebook Twitter Google+

カナダのオンタリオ州高等裁判所は、エクアドルの土壌・水質・大気汚染に対する賠償請求で訴えられていたアメリカの石油会社・シェブロンに対して、原告であるエクアドル先住民グループへの95億ドルの支払いを命じた。シェブロンは、カナダ最高裁判所へ上告する見通しだが、今回の判決は多くの論点をはらんでおり、国際石油資本にとって非常に画期的なものとなった。 シェブロンとエクアドル先住民グループの法廷闘争の発端は20年前にまで遡る。当初の被告はシェブロ [...]

» 続きを読む
2014/01/21 最新ニュース

【アメリカ】Green America、有害物質規制法の更新を要求

Facebook Twitter Google+

サスティナビリティを推進する団体、Green AmericaがTSCA(有害物質規制法)更新の要求を発表した。 TSCAは1976年に適用されたが、その後改正されることなく未だに適用され続けている。明らかに現代にそぐわない本法律は以前から問題視されていた。本要求は化学物質の規制を行い、より安全に企業が製品を生産させる土壌を作ることが目的。Green Americaは「万が一の時に国家は国民を守る義務がある。しかし、現在のTSCAではそ [...]

» 続きを読む
2014/01/18 最新ニュース

【アメリカ】議論を呼ぶ遺伝子組み換え食品への規制を強めるワシントン州の法案522

Facebook Twitter Google+

有機農法や持続可能な農業の提唱者Phillipe van den Bossheが、ワシントン州のGMO(遺伝子組み換え作物)ラベリングについて、「消費者の利益を確保するために、ラベリングの議論は行われるべきで、消費者は何を買うべきか最良の選択を行うだろう。」と語った。同氏は、有機農業・園芸のコンサルティング会社Advancing Eco Agricultureの社長でもある。現在、ワシントン州では、遺伝子組み換え作物を用いた食品に表示 [...]

» 続きを読む
2013/12/05 最新ニュース
ページ上部へ戻る