private 【国際】化粧品大手5社、製品ライフサイクルの環境インパクト測定とスコアリング手法を共同策定へ

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアル、消費財世界大手英ユニリーバ、ドイツ消費財大手ヘンケル、ブラジル化粧品大手ナチュラ、高級アパレル世界大手仏LVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトンの5社は9月20日、コンソーシアムを発足し、化粧品に対する環境インパクト測定とスコアリング手法を共同策定すると発表した。科学的根拠に基づく環境インパクトの情報を消費者に明示し、透明性を確保する狙い。  今回のアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】SAP、製品ライフサイクルのCO2算出ツール「SAP Product Footprint Management」リリース

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは9月16日、企業が自社製品およびバリューチェーン全体のカーボンフットプリントを計算できるツール「SAP Product Footprint Management」をリリースした。製品ライフサイクルを考慮し、製品の二酸化炭素排出量を算出できる。  同社今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BASF、製品カーボンフットプリント算出の独自手法をIT企業のライセンス提供。デファクト化狙う

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは8月9日、製品カーボンフットプリント計算のための独自のデジタルソリューションと手法を、ソフトウェア開発事業者にライセンス供給するとは発表した。ソフトウェア事業者を通じて、自社のメソドロジーを普及させることで、計算手法での主導的地位を確立しにいく。  BASFは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、プラスチックのライフサイクルアセスメント手法策定。再生プラやバイオプラも包括的に

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会の共同研究センター(JRC)は6月17日、プラスチック製品の潜在的な環境インパクトを一貫して評価するためのライフサイクルアセスメント(LCA)フレームワークを発表した。欧州委員会は2018年1月16日に、「EUプラスチック戦略(European Strategy for Plastics in a Circular Economy」を発表しており、LCAフレームワーク手法の開発もその一環。  欧州委員会は、 (さらに&he [...]

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】欧州通信大手5社、12社のスマホ端末でエコ格付。ライフサイクル全体の環境インパクト

Facebook Twitter Google+

 欧州通信大手ドイツテレコム、ボーダフォン、オレンジ、テレフォニカ、テリアの5社は5月25日、スマートフォンおよびフィーチャーフォンの製造から使用、輸送、廃棄までの環境インパクトを測定し、エコ格付けラベルを携帯電話端末に付与すると発表。消費者に各端末のサステナビリティ評価を開示する。  同エコ格付は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】SABIC、ドイツのBP工場にケミカルリサイクルプラント共同建設。再生PBTではLCAでCO2減効果確認

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手SABIC(サウジ基礎産業公社)は3月1日、石油ガス大手BPとの間で、ドイツのゲルゼンキルヘンにあるBPの石油化学コンビナートに、ケミカルリサイクル工場を建設することでも合意した。  今回、建設するのは、SABICのフィードストック型のケミカルリサイクル技術「TRUCIRCLE」を採用した工場で、廃プラスチックを熱分解して解重合し、再び幅広い用途のプラスチックを生産する。すでに2020年12月に実証実験に成功。2021年 [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】P&G、アリエールのCO2排出量削減2030年目標を発表。LCA実施、低温水での洗濯を啓蒙

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手米P&Gは3月11日、2030年までに同社洗濯用洗剤ブランド「アリエール」の製品ライフサイクル全体の二酸化炭素ネット排出量をゼロにする目標を発表。その一環で、同社サプライヤーと協働し、低温での洗濯を可能にし、商品使用での二酸化炭素排出量を削減する。今回のアクションは、2030年までに全主要ブランドでの責任ある消費を促進する同社サステナビリティ目標の一環。  まず同社は、エンターテイメント世界大手米ウォルト・ディズニー・ [...]

» 続きを読む

private 【国際】環境ツール開発Quantis、農業の環境インパクト測定ツールgeoFootprintリリース。ネスレ等支援

Facebook Twitter Google+

 スイス環境コンサルティングQuantisは1月25日、農業での作物栽培が環境に与えるインパクトを計測できる簡易ツール「geoFootprint」を発表した。農作物のサプライチェーンに及ぼすフットプリントをさまざまな粒度で計測、管理できる。  同ツールの開発は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】「廃プラ・リサイクルはエネルギー回収が最適」日本の工業界見解。だがLCA手法には疑念も

Facebook Twitter Google+

 日本化学工業協会、日本プラスチック工業連盟、プラスチック循環利用協会、石油化学工業協会、塩ビ工業・環境協会の化学系5団体で構成する「海洋プラスチック問題対応協議会」は5月14日、プラスチック廃棄物のマテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、エネルギー回収のライフサイクルアセスメント(LCA)を比較した結果をまとめた報告書を公表した。  同報告書によると、二酸化炭素排出量の削減効果が最も大きかったのは、石炭とともにボイラー燃料となるR [...]

» 続きを読む

【EU】Climate-KIC、GeoFootprint Project​始動。LCAとGIS統合し世界の農場環境データ収集・公開

Facebook Twitter Google+

 EU研究開発機関の欧州イノベーション・技術機構(EIT)官民連携プロジェクト「Climate-KIC」は8月24日、農場の環境データを包括的に測定、公開するオンラインシステム開発プロジェクト「GeoFootprint Project​」で、スイス環境コンサルティングQuantis​をパートナーに選定。両社は今後、ウェブベースのシステム開発を2年かけて行う。  これえまで食品、消費財、アパレル業界等は、農地での気候変動、森林破壊、土地 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る