private 【国際】S&P、航空業界の二酸化炭素排出削減に関する展望発表。カーボンオフセット義務化が信用リスクに 2019/11/29 最新ニュース

 信用格付世界大手S&Pグローバル・レーティングは11月21日、航空業界の気候変動対応に関する展望を発表。ジェット燃料の代替燃料化は比較的難易度が高い中、カーボンオフセット制度の義務化が、航空業界にとって大きな財務影響を与えるとの影響を及ぼすと表明した。  航空業界の二酸化炭素排出量は、現時点では世界全体の2.5%とさほど多くはない。輸送業界全体の排出量もも電力業界の半分。しかし、持続可能な代替燃料や技術革新へのコストが高いため、航空業界が低炭素に向けたアクションに繋げるのは容易ではない。国連経済社会理事会の専門機関「国際民間航空機関(ICAO)」は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る