private 【フィリピン】リサール商業銀行、石炭火力発電ファイナンスを禁止。再エネとガスにシフト 2020/12/14 最新ニュース

 フィリピン銀行大手リサール商業銀行(RCBC)は12月10日、石炭火力発電に対する新規ファイナンスを禁止したと発表した。同社は過去2年間、石炭関連にはファイナンスをしていなことを公表しつつ、将来に渡ってもファイナンスしないことを宣言した。

 フィリピンは、電源構成に占める石炭火力発電の比率が約50%と高い。その他にもガス火力発電が21.4%あり、地熱大国のフィリピンでも再生可能エネルギーは全体で23.4%に留まっている。2018年から2019年にかけ比率が2ポイントも下がった。その上、経済成長著しいフィリピンでは、今後もエネルギー重要が大幅に増えることが見えている。

 フィリピン・エネルギー省は、「エネルギー計画2018−2040」の中で、2040年までに原単位排出量を64%削減することを掲げ、その上で再生可能エネルギー比率を2040年までに54%にまで高めることを標榜している。特に、水力発電、地熱発電、太陽光発電に大規模な投資を検討している。但し、石炭についても、重要な資源と位置づけ、投資を増やす意思を示していた。しかしその後、フィリピンのアルフォンソ・クシ・エネルギー相は10月27日、定期的に実施しているエネルギー政策評価の結果、石炭火力発電の新設を全面禁止することを表明していた。

【参考】【フィリピン】政府、石炭火力発電新設を禁止。再エネ開発にシフト。地熱は外国資本プロジェクト解禁(2020年10月29日)

 RCBCのユージーン・アセヴェドCEOは今回、フィリピンでは100%再生可能エネルギーだけで電力を賄うことは非常に難しいとしながらも、レジリエントなエネルギーミックスを実現するためには、脱石炭は重要との考えを披露した。一方でガス火力発電にも投資を拡大する意向を伝えた。

 RCBCが所属しているユチェンコ財閥のエネルギー会社PetroEnergy Resourcesも、再生可能エネルギーに注力し、今後3年から4年で、再生可能エネルギー発電を350MWから400MW開発すると話している。洋上風力発電にも言及した。

【参照ページ】Philippine Energy Plan 2018-2040

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る