【国際】バイデン大統領、「インド太平洋経済枠組み」正式発足。13ヶ国加盟。ESG的価値観 2022/05/24最新ニュース

 米ジョー・バイデン大統領は5月23日、「インド太平洋経済枠組み」の発足を公式に発表。日本を含む13ヶ国が初期加盟国となる。

 加盟国は、米国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インド、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、ブルネイ。

 インド太平洋枠組みは、GATTから続く関税の引下げではなく、共通の価値観に基づくサプライチェーンを構築することが目的。バイデン大統領が重視するESGの要素で構成され、米国が国内で進めている経済対策を、そのままアジア太平洋に拡大することを狙う。

 具体的なコミットメント分野は、「貿易」「サプライチェーン」「クリーンエネルギー」「税制・腐敗防止」も4つ。

 まず、貿易では、…

Links