【カナダ】サステナビリティ・ストーリーテリングの質を上げる4つのステップ

Facebook Twitter Google+

 企業の透明性や情報開示に対するステークホルダーからの要求が日に日に高まりつつある現代において、自社のサステナビリティの取り組みを効果的にステークホルダーに伝えるための手法として注目が集まっているのが、ストーリーテリングだ。ストーリーテリングとは、伝えたいコンセプトや事実をストーリー(物語)として伝えることで、聞き手に内容を強く印象づける手法のことを指す。  自社のサステナビリティ活動の意義や効果をステークホルダーに効果的に伝え、共感 [...]

» 続きを読む

【中国】一汽大衆、CSR戦略の柱として巨大財団2団体との戦略提携を発表

Facebook Twitter Google+

 中国第一汽車とフォルクスワーゲンの合弁企業で、フォルクスワーゲングループの中国での生産を担う一汽大衆社は3月27日、中国貧困援助基金会、環境保護基金会の両財団との戦略的パートナーシップを発表し、北京で調印を行った。三者は「責任、実務、人間本位」という原則に従い、公益分野で一層深く協力していく。この提携によって、一汽大衆社は、「CSR戦略」の新たなステージに入っていくという。  戦略的パートナーシップでは、一汽大衆社は中国国内の財団格 [...]

» 続きを読む

【日本】持続可能なパーム油の調達セミナー、RSPO認証に高い関心

Facebook Twitter Google+

 世界には環境から人権にいたるまで様々なサステナビリティ課題が存在しているが、近年東南アジアにサプライチェーンを抱えるグローバル企業の間で特に関心が高まっているのが、パーム油をめぐる課題だ。パーム油は多くの食品や消費財の原料として利用されているが、マレーシア、インドネシアなどではグローバル企業のサプライヤーによるパーム油の調達慣行が大きな問題となっている。  なぜなら、パーム油の調達はパーム畑で働く地域住民らの労働問題や強制移住などの [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ボーイング、航空業界の「エコカンパニー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

Facebook Twitter Google+

 航空機メーカー大手のボーイングは3月30日、航空業界向けメディアのAir Transport World(以下、ATW)が主催する第41回Annual Airline Industry Achievement Awardsにおいて、航空業界の中で最も環境に配慮している企業として「エコカンパニー・オブ・ザ・イヤー」に選出された。  ATWの編集者はボーイング社の功績を「過去最高の低燃費と低排出ガスを実現した航空機」と高く評価した。これ [...]

» 続きを読む

【中国】シーゲイト、政府系環境基金と連携し緑化活動をスタート

Facebook Twitter Google+

 ストレージ分野で業界をリードしているシーゲイトテクノロジー社は4月2日、国務院林業局と連携し、中国緑化基金会とともに「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトを始めた。40エーカーの桜を植え 収益を教育援助に使う。目下のところ中国政府は、国内の環境保護に全力を挙げており、シーゲイト社のように政府の達成目標を企業側も自発的にサポートする動きが最近増えている。  「シーゲイト山海関生態教育援助演習林」プロジェクトの趣旨は市民、企 [...]

» 続きを読む

【国際】サプライチェーンのサステナビリティと効率性向上の鍵を握るのはモバイル戦略

Facebook Twitter Google+

 製造業がサプライチェーンマネジメントにおける統合アプローチを実現し、サステナビリティと効率性の双方の観点からサプライチェーンの最適化を行う上では3PL(サードパーティーロジスティクス:物流機能全般を第三者企業へ委託するサービス)の担う役割について考えることが重要だ。その3PLにおいて、昨今ではモバイルテクノロジーの活用が最適化の鍵を握るポイントととなってきている。  製造業・IT企業向けコンサルティングを展開するIDC Manufa [...]

» 続きを読む

【アメリカ】 SASB、資源加工セクター向けの暫定サステナビリティ会計基準を公表

Facebook Twitter Google+

 米国のサステナビリティ会計基準を提供しているSustainability Accounting Standards Board(以下SASB)は3月25日、新たに資源加工(Resource Transformation)セクターに属する5つの業界に向けた暫定基準を公表した。SASBが定めるこれらの基準は、企業がフォーム10-K(年次報告書)の中でレギュレーションS-Kを遵守した形でマテリアルな情報を開示する手助けをするものだ。今回S [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GE、ビッグデータを活用して顧客に対して年間7000万米ドルのコスト削減を実現

Facebook Twitter Google+

 ビッグデータの活用は、コスト削減とサステナビリティを同時に実現する大きな可能性を秘めている。この分野で先進的な成果を挙げているのが、ゼネラル・エレクトリック(以下、GE)だ。GEのMonitoring & Diagnostics Center(以下M&D)では、毎日1,500以上のガスタービンや電力生成装置から30,000時間分以上のデータを収集し、40テラバイト、1億時間以上に相当するデータベースを構築している。GEはこのビッグデ [...]

» 続きを読む

【中国】環境汚染を衛星探査で摘発、違反企業は罰金・資産差し押さえ

Facebook Twitter Google+

 今年3月、甘粛省の食品メーカー大手の武威栄華工貿株式会社が、テンゲル砂漠へ8万トンの汚水を排出し、266エーカーの土壌汚染をしたことで、刑事当局に摘発され、同社CEOは拘留、環境保護当局の責任者も停職および職務捜査の処分を受けた。栄華グループは、甘粛省武威市を拠点とする民間企業で、政府が推し進める農業産業化のリーディングカンパニーとして政府の循環経済テストに参加するほどの注目を集める企業だった。今回、環境汚染の摘発を受け、他の企業も [...]

» 続きを読む

【中国】サムスン電子がサステナビリティ経営を強化、事業用自動車をエコカーへ

Facebook Twitter Google+

中国サムスン電子が、中国政府の環境保護の動きに呼応し、環境経営に力を入れている。2014年に発表した同社の環境保全計画では、天津、蘇州、恵州などでの運行している従業員送迎用の800車ほどのサムスンシャトルバスを全て入れ替え、公害が少ない天然ガス自動車や電気自動車へ変換していくことを決めた。 一般車に比べ、天然ガス自動車は約1割、電気自動車は2~3倍も単価が高い。その代わり、天然ガス自動車は、排気ガスが発生しないせず、騒音も普通車に比べ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る