private 【日本】トヨタ自動車、燃料電池システムの外販開始。サプライヤー事業を強化

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車は2月26日、燃料電池(FC)システムをパッケージ化したFCモジュールを開発し、2021年春以降に販売を開始すると発表した。他社の輸送機器でも同社の技術活用を開放し、FCのエコシステムで主導的地位を確保しにいく。  今回販売するのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】フィスカーと鴻海、新型EVの開発・設計・生産で提携。2023年末に販売開始予定

Facebook Twitter Google+

 米電気自動車(EV)開発フィスカーと、台湾の鴻海科技集団(フォックスコン)は2月24日、EV開発でのパートナーシップを発表した。プロジェクト名は「Project PEAR」。2023年第4四半期に鴻海科技集団が生産を開始し、フィスカーのブランドで販売する予定。  今回両社は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】トヨタ自動車、サステナビリティボンド最大4000億円発行計画。別途1000億円程度の個人投資家向けも

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車は3月2日、サステナビリティボンドを円債と外債で最大4,000億円程度発行すると発表。同時に、個人投資家向けにも、資金使途をSDGs関連に限定する社債を最大1,000億円発行する。発行タイミングや発行条件等は今後詰める。同社は、双方の社債を合わせて「Woven Planet債」と呼称している。  4,000億円規模のサステナビリティボンド発行は、国内企業のサステナブルボンド(ESG債)で初。また、非金融機関の外債でのサス [...]

» 続きを読む

private 【国際】重工業の脱炭素化で民間主導の国際連携発足。米加欧中韓国印から大企業も賛同。日本は加盟ゼロ

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのThe Climate Group(TCG)とマイティ・アースは2月25日、グローバル規模の重工業での脱炭素化原則フレームワーク「重工業脱炭素化グローバル・フレームワーク原則」を発表。米国、EU、中国、韓国、インドからも企業や業界団体18機関からすでに賛同を得られていることも表明した。  同原則は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】シュナイダーエレクトリック、スコープ3排出量削減に着手。サプライヤー上位1000社で50%減

Facebook Twitter Google+

 重電設備世界大手仏シュナイダーエレクトリックは2月24日、1月に発表した気候変動アクション全般に関するアドバイザリーサービスを自社グループ内にも展開し、スコープ3での二酸化炭素排出量削減を行うと発表した。対象となるのは、二酸化炭素排出量の大きい同社サプライヤー上位1,000社。2025年までに二酸化炭素排出量を50%削減する。 【国際】シュナイダーエレクトリック、在日米軍横田基地の省エネ契約受注。気候変動アドバイザリー事業も開始   [...]

» 続きを読む

private 【スイス】テトラパック、RSB認証再生ポリエチレンを採用。食品容器・包装大手で世界初

Facebook Twitter Google+

 容器・包装世界大手スイスのテトラパックは2月22日、食品容器・包装大手として初めて、スイスの国際イニシアチブ「持続可能なバイオ原料円卓会議(RSB)」のRSB認証を取得した再生ポリエチレンを採用したと発表した。脱化石燃料や、責任ある原料調達、リサイクルやごみ削減に向けた容器・包装設計、世界規模での回収・リサイクルインフラの構築等を通じ、サーキュラーエコノミー化を進める。  再生素材の活用は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、ケミカルリサイクルを大規模展開へ。2021年後半から再生ポリマー販売

Facebook Twitter Google+

 石油世界大手エクソンモービルは2月25日、リサイクル難易度の高いプラスチック廃棄物を、ナフサまで戻してから、再びポリマーを生成するケミカルリサイクル試験運用の初期フェーズが完了したと発表した。米テキサス州ベイタウンの同社工場で実証を行っていた。  同リサイクルで生成した再生ポリマーは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【台湾】TSMC、製造工程の廃水リサイクル実施。二次利用水とシリコン素材回収

Facebook Twitter Google+

 半導体製造世界大手台湾のTSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング)は2月25日、新たな廃水リサイクル戦略と進捗状況を公表した。廃水でのサーキュラーエコノミーと資源回収で大きな成果を上げている。  半導体素子や集積回路(IC)を半導体パッケージで保護するパッケージングでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】3Dプリンター大手8社、環境推進の業界団体AMGTAに新規加盟。影響力広がる

Facebook Twitter Google+

3Dプリンターで注目される積層造形の12社は2月23日、業界団体「積層造形事業者グリーン協会(AMGTA)」に、新たに有力8社がAMGTAに加盟したと発表した。加盟企業は20社になった。 【参考】【国際】3Dプリンター大手12社、環境サステナビリティ推進で業界団体発足。日本企業も1社(2020年11月3日)  まず、会員ステータスの高い創設メンバーとしての新規加盟はExOne。既存の創設メンバーであるシンタビア、大陽日酸の3社とともに [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】フラウンホーファー研究機構、固体燃料電池素材POWERPASTE開発。利便性・経済性高い

Facebook Twitter Google+

 ドイツ研究機関フラウンホーファー研究機構は2月10日、マグネシウムを原料とする新たな燃料電池素材「POWERPASTE」を開発したと発表した。リチウムバッテリーの10倍のエネルギー密度で水素エネルギーを蓄積できるという。技術開発と量産化に成功すれば、燃料電池や水素業界を激変されるイノベーションとなる。  今回開発した燃料電池素材は、固体の水素化マグネシウムにエステルと金属塩を加えてペースト状にしたもの。水素を常温常圧下で化学的に保持 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る