【イギリス】マークス&スペンサー「プランA報告書 2016」、新たに22項目達成

Facebook Twitter Google+

 英小売大手マークス&スペンサーは6月9日、同社のサステナビリティ報告書である「2016 Plan A Report」を発表。2015年までの達成状況を明らかにした。マークス&スペンサーは1884年創業の老舗小売チェーン。ロンドン証券取引所にも上場しており、イギリスの代表的な株式指数であるFTSE100の採用銘柄にもなっている。同社は2007年に、長期的サステナビリティ戦略「プランA」を掲げ、先進的な取り組みを実施していることでも有名 [...]

» 続きを読む

【国際】食品ロス測定・報告に関する基準「FLW Protocol」が制定、3GF

Facebook Twitter Google+

 グローバル・グリーン・グロース・フォーラム(Global Green Growth Forum:3GF)は6月6日、7日、デンマーク・コペンハーゲンで2016年サミットを開催、世界初となる「食品損失と廃棄に関する測定および報告に関する基準」(Food Loss and Waste Accounting and Reporting Standard: FLW Standard)のプロトコル「Food Loss+Waste Protoc [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハーシー、2015年CSRレポート公表。気候変動、パーム油、動物愛護など目標発表

Facebook Twitter Google+

 チョコレート米国最大手のハーシーは6月9日、2015年のCSRレポート「Shared Goodness」を公表した。同社は、2014年に続き2015年でも、サステナビリティ調達、食の安全、より健康的な原材料の利用などに取り組んだ。その中には国際的な関心が高まっている気候変動やパーム油の責任ある調達も含まれている。加えて2015年には各国の恵まれない子どもたちのために栄養教育を実施する「Nourishing Minds」プログラムも開 [...]

» 続きを読む

【国際】CDP、パリ協定目標達成に向け、セメント企業の課題を伝える報告書公表

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する企業情報開示ガイドラインを発行している非営利団体CDPは6月9日、合計で時価総額が1,200億ドルに達するセメント会社12社の炭素利用効率を分析、炭素価格制度(カーボン・プライシング)が導入されると多くの企業が大幅に利益減となるとするレポートを公表した。セメント産業自体は、去年のパリ協定の採択を以て大きな分岐点を迎えており、さらなる効率向上のためのイノベーションを求められる時代となったという。報告書では、日本の太平洋 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、サステナビリティ報告書のデジタル化構想を発表

Facebook Twitter Google+

 国際的なサステナビリティ報告基準策定のGRIは5月19日、サステナビリティ報告書の構造化とデジタル化に向けた最新テクノロジーイニシアティブを発表した。同イニシアティブは、XBRL(eXtensible Business Reporting Language)とデジタル化に適したプラットフォームを採用し、報告書のデジタル化に向けた技術インフラを構築するという内容。XBRLとは、企業が財務諸表などのビジネス文書を電子化する際に、データな [...]

» 続きを読む

【国際】化学物質管理の安全性確保のためさらなる事業投資が必要、第1回CFP報告書

Facebook Twitter Google+

 化学物質管理(ケミカル・フットプリント:CFP)の国際的な基準策定を検討しているCFPは5月19日、独自に開発した測定ツールによる第1回の調査結果を発表した。調査は、大規模から中小規模の化学メーカーや化学物質使用メーカー24社を対象として実施された。今回の調査に参加した企業は、米リーバイ・ストラウス、米ジョンソン・エンド・ジョンソン、米クロロックス、英ベクトン・デッキンソン、米シーゲイト・テクノロジーなど大手企業も参加。日本からも京 [...]

» 続きを読む

【国際】BSCIとSedexが提携。持続可能なサプライチェーン構築に向け協働

Facebook Twitter Google+

 倫理的なサプライチェーンデータを管理・共有する国際NGOのSedex(本部:英国ロンドン)と、「自由で持続可能な貿易」イニシアティブを推進する国際NGOのBSCI(本部:ベルギー・ブリュッセル)は5月26日、持続可能な取り組みを推進するためのプロジェクトとプログラムを共同開発するため提携した。SedexとBSCIは、持続可能なサプライチェーンの分野で監査サービスや認証を提供しており、日本企業でも両機関の監査を受けているところは少なく [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、新版「GRIスタンダード」の第二弾草案発表。7月17日までパブコメ受付

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティレポーティングガイドライン世界最大手のGRI(Global Reporting Initiative)は6月3日、G4に変わる新たなガイドライン「GRI Standards(GRIスタンダード)」の草案の第2弾を発表した。4月に発表した第1弾と同様、7月17日まで同機関のオンラインプラットフォーム上でパブリックコメントを受け付ける。 【参考】GRI、新版「GRIスタンダード」の草案発表。7月中旬までパブコメ受付  今 [...]

» 続きを読む

【中国】政府、紀元前7世紀から続いてきた塩専売制廃止、市場経済へ移行

Facebook Twitter Google+

 国務院は4月22日、紀元前7世紀から歴代王朝とともに存続してきた塩専売制を廃止し、塩産業を市場化する決定を発表した。塩小売価格を従来の固定価格制度から市場価格制度に移行すると同時に、食塩需給の安定化のための食塩備蓄制度を整備する。これにより、小売企業は、コスト構造、食塩の品質、市場の需給状況などに合わせて小売が自主的に価格を決定できるようになる。新制度は2017年1月1日から開始される。  中国では生活必需品産業に対しては「定点生産 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】消費者調査大手ニールセン、同社初のサステナビリティ報告書を発行

Facebook Twitter Google+

 マーケティング調査世界大手のニールセン・ホールディングスは5月3日、同社初となるサステナビリティ報告書「Global Responsibility Report」を発表した。ニールセン・ホールディングスは、これまでサステナビリティに関する調査報告やカンファレンスをしながらも、自社のサステナビリティ報告書はこれまで発行していなかった。ニールセン・ホールディングスは2011年にニューヨーク証券取引所に上場し、現在100ヶ国以上でニールセ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る