【西アフリカ】カカオ栽培により熱帯雨林が大規模消失。メーカー・流通企業の課題多い

Facebook Twitter Google+

 深刻化する西アフリカの森林破壊の主要因が、チョコレート産業のカカオ栽培にあることがわかった。英紙ガーディアンが9月13日報じた。現在、世界で生産されているカカオのおよそ約70%は、シエラレオネからカメルーンまでの地域で、約200万人の農家によって生産されている。とりわけコートジボワールとガーナは、世界第1位(174.1万トン)と第2位(89.7万トン)の生産地。コートジボワールでは、かつて国土の25%が熱帯雨林だったが、現在は4%未 [...]

» 続きを読む

【国際】Ceres、食品世界大手42社の水資源利用ランキングを公表。食品加工首位ネスレ

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ分野の国際アドボカシーNGOのCeresは9月12日、食品世界大手企業に水資源の効率的利用を呼びかけるレポート「Feeding Ourselves Thirsty: Tracking Food Company Progress Toward a Water-Smart Future」を発表し、米国企業を中心に世界大手42社の水資源利用に関するランキングを発表した。食品業界は世界全体で5兆米ドル規模。気候変動の影響によ [...]

» 続きを読む

【フランス】エビアン、カーボンニュートラルを実現する新工場完成。リサイクル率も改善

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手仏ダノンのミネラルウォーター・ブランド「エビアン」は9月12日、生産工場の二酸化炭素純排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するため、仏エヴィアン=レ=バン近郊のピュブリエに建設していた新工場が完成したと発表した。同工場は国際環境NGOカーボントラストから、カーボンニュートラルの認定を受けた。さらにエビアンは2020年までに同工場に追加投資を行い、世界で販売されている全てのエビアン商品を製造するため、品質、生産性、サス [...]

» 続きを読む

【イギリス】通信大手BT、2030年までに2008年比でCO2を87%削減。1.5℃目標設定でSBTから承認

Facebook Twitter Google+

 英通信大手BTグループ(旧ブリティッシュ・テレコム)は9月12日、二酸化炭素排出量を2030年までに2008年比87%削減する長期目標を発表した。同社は2008年に、2020年までに80%削減の目標を掲げていたが、4年前倒しですでに達成。2030年目標はすでに科学的根拠に基づく排出量削減目標(SBT)から承認を経ており、パリ条約で国際合意に達した2℃目標より厳しい、1.5℃目標の達成ベースで設定した。  同社は目標設定のため、二酸化 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】フィリップモリス、2030年までに電子たばこ等売上比率を30%に引き上げ

Facebook Twitter Google+

 たばこ世界大手米フィリップモリス・インターナショナルは9月12日、2017年度のサステナビリティをレポートを発表。同社商品を電子たばこ「IQOS」等スモークフリー製品に重点を移していく戦略を発表した。2025年までに同社商品の売上の30%をスモークフリー製品にしていく。  同社は2008年以来、スモークフリー製品の分野に30億米ドルを投じてきている。2017年でも研究開発費の70%、事業支出の30%はスモークフリー商品に充てられる見 [...]

» 続きを読む

【国際】PRIと機関投資家4団体、企業に気候変動情報開示を要求する「Climate Action 100+」発足

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)と、気候変動対応を企業に求める4つの世界機関投資家団体である欧州のIIGCC(Institutional Investors Group on Climate Change)、米国のINCR(Investor Network on Climate Risk)を運営するCeres、オーストラリア・ニュージランドのIGCC(Investors Group on Climate Change)、アジアのAIGCC [...]

» 続きを読む

【アメリカ】再エネシフトの最大要因はコスト削減。米エネルギーメディア調査

Facebook Twitter Google+

 米エネルギー関連メディアSmart Energy Decisionsは9月13日、全米94社(そのうちフォーチュン500採用企業40社以上)の役員を対象に実施した再生可能エネルギー利用に関する調査結果「Post-Paris: the State of Corporate Renewable Energy Sourcing」を発表した。米国企業が再生可能エネルギー利用にシフトする最大の理由は、コスト削減だということがわかった。  同調 [...]

» 続きを読む

【国際】企業の気候変動情報開示に不満を持つ機関投資家は世界全体で56%。英HSBC調査

Facebook Twitter Google+

 世界銀行大手英HSBCは9月12日、世界の企業と機関投資家100社を対象に実施した低炭素社会に向けた環境関連投資動向に関する調査の結果「Growing investor appetite for green assets puts pressure on companies to explain their climate strategies」を発表した。概ね環境関連投資に関する関心は高まっているものの、企業と投資家の間にスピード [...]

» 続きを読む

【イギリス】ESGインパクト投資大手パラティン、新規ファンド募集で150億円到達

Facebook Twitter Google+

 英インパクト・バイアウト投資ファンド大手パラティンは9月12日、同社が投資募集していたプライベート・エクイティ・インパクト投資ファンド「Palatine Private Equity Impact Investing Fund LP」が、目標額の7,500万ポンド(約113億円)を超え、ファンド上限(ハードキャップ)である1億ポンド(約150億円)に達したと発表した。Evercore Private Funds Groupが専属代理 [...]

» 続きを読む

【国際】サプライチェーンCSR評価EcoVadis、初の年間報告書発表。業種、地域毎の傾向値公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ・サプライチェーン評価機関EcoVadisは9月12日、同社が評価を実施した世界20,400社の全体傾向をまとめた初の年間報告書「Global CSR Risk and Performance Index 2017」を発表した。評価対象期間は2015年と2016年の企業データ。国際標準産業分類(ISIC)を基に、軽工業、重工業、先進工業、食品、建設、卸売・サービス・専門、輸送、ICT、金融・法務・コンサルティング・ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る