【国際】PRI、投資家向けに企業租税透明性に関するエンゲージメント・ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月17日、投資家向けに企業の租税透明性に関するエンゲージメント・ガイダンスを発行した。昨今、多くの投資家が、企業の脱税や租税回避に関心を持ち始めており、具体的に企業にエンゲージメントするための手法を解説している。  同ガイダンスでは、租税透明性に関する企業評価時の着目ポイントや、具体的に企業にエンゲージメントする際の質問票についてまとめた。  今回のガイダンス作成には、仏年金基金FRAFP、リーガル&ジ [...]

» 続きを読む

【オランダ】シェル株主総会、NGO提案の気候変動提案否決。同時に機関投資家は着実な対応要求

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルの株主総会が5月22日開催され、ESG投資推進NGOが株主提案とした気候変動提案が反対多数で否決された。  同社は、昨年の株主総会でも気候変動提案が提出されたが反対多数で否決。しかし同社はその後の2017年11月、販売エネルギーのカーボンフットプリントを2035年までに20%、2050年までに50%削減等を含む長期目標を設定し、自主的に対応を進める姿勢を示した。それでもNGOは具体的なアク [...]

» 続きを読む

【日本】GPIF、第3回グローバル・アセットオーナー・フォーラムの議論結果公表

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は5月24日、2017年11月17日に米カリフォルニア州で開催した「第3回グローバル・アセットオーナー・フォーラム」の議論内容を公表した。ESGインテグレーション、ESG評価、集団的エンゲージメント、訴訟における協働ネットワーク、運用会社の報酬体系、インデックス開発企業へのエンゲージメントについて参加者の間で意見交換がなされた。  グローバル・アセットオーナー・フォーラムは、GPIFが主導し [...]

» 続きを読む

【日本】金融庁、持続可能な保険フォーラムSIFに正式参加。過去約2年半オブザーバー参加

Facebook Twitter Google+

 金融庁は5月16日、持続可能な保険フォーラム(SIF)の会合で、SIFメンバーとなることが承認された。SIFは、国連環境計画(UNEP)とカリフォルニア州保険庁が2016年12月に発足。米国カリフォルニア州、米国ワシントン州、英国、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、スウェーデン、オーストラリア、シンガポール、モンゴル、ブラジル、アルゼンチン、ジャマイカ、南アフリカ、モロッコ、ガーナの16ヶ国の保険当局が参加し、日本の金融庁は [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、アセットオーナー向けTCFD実施ガイダンスを発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月11日、アセットオーナー向けに気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインの実施ガイダンスを発行した。具体的に投資戦略に組む込むステップを解説している。  同ガイダンスは、現状理解、ビジョン・ミッション設定、投資原則、戦略構築、導入・報告の5つの段階に分け、具体的に推奨されるアクションと先行事例を紹介。運用委託先や投資コンサルタントに対して要求すべき事項もまとめた。 【参照ページ】An [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンク・オブ・アメリカ、2,500億円のグリーンボンド発行。同社過去最大

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手米バンク・オブ・アメリカは5月17日、同社として4回目となるグリーンボンドを発行した。発行額は22.5億米ドル(約2,500億円)で同社として過去最大。使途は再生可能エネルギー事業へのファイナンス。2013年からの累積発行額は43.5億米ドル(約4,800億円)。  同社は、2007年から低炭素分野やサステナビリティ分野へのファイナンスを推進しており、累積のファイナンス額は870億米ドル(約9.7兆円)に達する。目標は1 [...]

» 続きを読む

【日本】三菱UFJフィナンシャル・グループ、環境・人権方針制定。石炭火力発電にも言及

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループは5月15日、グループの事業基本方針となる「MUFG環境方針」と「MUFG人権方針」を制定。同時に、2つの基本方針のもと、環境・社会配慮を実現するための枠組みとして、「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」も制定した。7月1日から適用を開始する。  MUFG環境方針は、これまでの「MUFG グループ環境理念」「MUFG グループ環境方針」「MUFG 環境に関する行動方針」「生物多様性保全活動に関 [...]

» 続きを読む

【イギリス】下院環境監査委員会、グリーンファイナンス政策に関する第1弾レポート発表

Facebook Twitter Google+

 英下院環境監査委員会(EAC)は5月18日、英政府のグリーンファイナンス政策にかんする提言書をまとめ、公表した。EACは2017年11月、同分野に関する意見募集を開始。今回の報告書は寄せられた意見を受け、EACが今後推奨する政策方針をまとめたもの。 【参考】【イギリス】下院環境監査委員会、政府のグリーンファイナンス政策に関する意見を広く受付(2017年12月5日)  英独立行政機関の気候変動委員会(CCC)は、英政府が定めた2032 [...]

» 続きを読む

【国際】NBIMとコロンビア水センター、投資家向けに採掘業の水リスク評価フレームワーク発表

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー公的年金基金GPFGの運用を担うノルウェー銀行投資マネジメント部門(NBIM)は5月15日、米コロンビア大学のコロンビア水センターと共同で、資源採掘セクターの水リスクに関する共同研究の成果を発表した。NBIMとコロンビア水センターは2015年から3年間共同研究をしていた。  共同研究では、資源採掘業の水リスクを的確に定量評価するためのデータ整理とフレームワーク開発。とりわけ今回は、金と銅に焦点を当てた。  今回の報告は、主 [...]

» 続きを読む

【国際】バーゼル銀行監督委員会とIOSCO、短期STC証券化商品の特定要件文書を公表

Facebook Twitter Google+

バーゼル銀行監督委員会(BCBS)と証券監督者国際機構(IOSCO)は5月14日、短期の「簡素で、透明性が高く、比較可能な(Simple, transparent and comparable:STC)」証券化商品を特定する要件をまとめた文書「簡素で、透明性が高く、比較可能な短期証券化商品を特定する要件(Criteria for identifying short-term "simple, transparent and compa [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る