Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【フィリピン】証券取引委員会、コーポレートガバナンス・コード改正。サステナビリティ情報開示強化も盛り込む

Facebook Twitter Google+

 フィリピン証券取引委員会(SEC)と世界銀行グループの国際金融公社(IFC)が策定したフィリピン証券取引所の上場企業向けのコーポレートガバナンス・コード改訂版が1月1日発効した。今回の改訂版には、取締役会の責任強化、株主保護の強化、財務及び非財務情報の開示強化などが盛り込まれている。フィリピンのコーポレートガバナンス・コードも日本と同様「Comply or Explain」ルールに基づくもの。遵守しない原則がある場合は、毎年提出が義 [...]

» 続きを読む
2017/01/21 最新ニュース

【アメリカ】議決権行使助言大手ISS、IW Financial買収によりESGリサーチ部門を強化

Facebook Twitter Google+

 米議決権行使助言大手Institutional shareholder Services(ISS)は1月5日、米ESGリサーチ会社IW Financialを買収したと発表した。IW Financialは、メイン州ポートランドに本社を置き、2001年よりESGリサーチ、コンサルティング、ポートフォリオマネジメントに関するアドバイザリーサービスを提供している。  IW Financialの主要顧客は運用会社やその他金融機関で、顧客の資産 [...]

» 続きを読む
2017/01/21 最新ニュース

【ヨーロッパ】IIGCC、デンマーク年金基金PKAのCEOが新議長に就任

Facebook Twitter Google+

 気候変動対応のため欧州の金融機関や投資家で構成するInstitutional Investors Group on Climate Change(IIGCC)は1月1日、デンマークの年金基金PKAのPeter Damgaard Jensen CEOが次期議長に就任したと発表した。2011年11月から前任議長を務めていたBT(ブリティッシュ・テレコム)グループの年金基金であるBT Pension SchemeのDonald MacDo [...]

» 続きを読む
2017/01/20 ESG 最新ニュース

【RI 特約記事】あなたのポートフォリオにある企業は、デジタル資産をカバーしているか?

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  シリコンバレーは、人類史上、最も著しく富を創造してきた場所の1つとなった。特に最近では、その富の相当な部分は、増加していく新しいタイプの資産、すなわち消費者の情報を収集し蓄積することを可能とした先進技術から生じている。  この情報には、ユニークで素晴らしい、ある特質がある。 この情報を獲得することには、著しいスケールメリットが働く。すなわ [...]

» 続きを読む
2017/01/19 ESG 最新ニュース

【RI特約記事】トランプ氏によるパリ協定脱退と異なる路線を行く企業・投資家

Facebook Twitter Google+

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳したものです。  「伸し掛かるプレッシャーは大きくなり、政府からの援助は得られなくなるだろう。しかしこの場にいる方々であれば出来ると確信している。我々はメイン・ストリームになりつつあるが努力し続けなければならない。このチームであれば可能である。」  先日、米国デンバーにてFirst Affirmative Financial Networkが開催したSRI [...]

» 続きを読む
2017/01/17 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】 欧州委「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ」委員を決定

Facebook Twitter Google+

 EUの行政執行機関である欧州委員会は12月22日、「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)」の委員を公表した。HLEGは10月28日に欧州委員会が組成を発表しており、委員の公募を行っていた。同グループは、パリ協定や国連持続可能な開発目標(SDGs)といった国際的な動きを念頭に置き、気候変動、環境悪化、その他サステナビリティ関連課題に金融分野が貢献するためのEU政策を検討していく。2017年1月に最初の会議を実施 [...]

» 続きを読む
2017/01/09 最新ニュース

【アメリカ】CalPERS、たばこ産業ダイベストメントの対象を拡大

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)の投資委員会は12月19日、2000年から実施しているたばこ関連企業の株式および債券への投資規制を継続させることを決議した。2015年に同基金の投資コンサルタントであるWilshire Associateが実施した調査により、たばこ産業への投資規制により約30億米ドルの収益を逸していると報告され、その後複数の観点からたばこ投資規制の是非の検討が行われた。検討の結果、現行規制の継続だけ [...]

» 続きを読む
2017/01/05 ESG 最新ニュース

【フランス】公的年金基金FRR、たばこ・石炭ダイベストメントを決定。2017年に実施

Facebook Twitter Google+

 フランスの公的積立年金基金FRR(フランス年金準備基金)は12月15日、同基金が運用するポートフォリオから、たばこ関連企業と、売上の20%以上が石炭採掘または石炭火力発電事業の企業の株式および債券を除外する方針を発表した。この提案は執行部がとりまとめ12月1日の諮問理事会で承認された。これによりFRRはたばこ及び石炭からのダイベストメント(投融資引き上げ)を実施していくこととなった。  FRRはフランス政府が設立した公的年金基金。フ [...]

» 続きを読む
2016/12/30 最新ニュース

【フランス】サプライチェーンCSR評価EcoVadis、ベンチャーキャピタルから約37億円調達

Facebook Twitter Google+

 サプライチェーンのサステナビリティ評価ソリューションを提供するフランスのEcoVadisは12月14日、欧米で活動するベンチャーキャピタルPartech Venturesから3,000万ユーロ(約37億円)の出資を受ける資金調達を実施したことを発表した。Partech Venturesの取得株式は50%未満のマイナー出資。EcoVadisが外部から出資を受ける資金調達を行うのは今回が初。  EcoVadisは、グローバルサプライチェ [...]

» 続きを読む
2016/12/29 最新ニュース

【日本】日本政策投資銀行(DBJ)、国連責任投資原則(PRI)に署名

Facebook Twitter Google+

 財務省所管の政策金融機関、日本政策投資銀行(DBJ)は12月12日、国連が推進するESG投資イニシアチブである国連責任投資原則(PRI)に署名した。同じく同行100%子会社のDBJアセットマネジメントも同日PRIに署名した。  DBJは署名に至った理由について、以前から「投融資等を通じたCSR」として、独自の観点から真に社会に有用な事業を見極め、持続可能な社会の実現に向けた取り組みに注力してきたことことを挙げ、PRIの精神DBJのこ [...]

» 続きを読む
2016/12/28 ESG 最新ニュース
ページ上部へ戻る