【スイス】ネスレ、パーム油生産での森林破壊行為監視のため衛星サービス「Starling」活用

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイス・ネスレは9月14日、パーム油生産での森林破壊ゼロを確保するため衛星を用いた監視アクションを開始すると発表した。仏エアバスと国際森林保護NGOのThe Forest Trust(TFT)が共同開発した衛星監視ツール「Starling」を用いる。Starlingを農業監視に活用するのは同社が世界初。  ネスレは2010年、2020年までにサプライチェーンにおける森林破壊をゼロにする目標を掲げ、2017年には生産地の6 [...]

» 続きを読む

【スイス】ピクテAM、スマートシティ・ファンド新設。世界中の関係企業に投資。ファンド規模4.7兆円

Facebook Twitter Google+

 運用世界大手スイスのピクテ・アセット・マネジメントは8月24日、新たなテーマ型投資ファンド「Pictet-SmartCity」を設定した。環境汚染や犯罪、疾病等に強い都市形成に資する企業に投資する。ファンド規模は420億米ドル(約4.7兆円)。  同ファンドは、都市計画・建設、都市インフラ・サービス運営、民生サービスの3つの分野で銘柄を選定し投資する。スマートシティは、21世紀の新たな都市概念で、環境や社会に配慮しつつ、経済力のある [...]

» 続きを読む

【スイス】RobecoSAM、スマートモビリティ戦略発表。EV関連業界企業に幅広く投資

Facebook Twitter Google+

   ESG投資運用世界大手スイスRobecoSAMは8月27日、電気自動車(EV)関連企業への投資を進める新たな戦略「スマート・モビリティ戦略」を打ち出した。EV関連分野の上場企業に長期投資を行う。今後、リテール向けと機関投資家向けにカスタマイズし商品提供していく。  同戦略は、同社でスマート・エネルギー戦略を統括するThiemo Lang氏が同時に担当する。Lang氏は、日本のEV業界へのサブアドバイザーとして選定した大和住銀投信 [...]

» 続きを読む

private 【スイス】UBS、プライベートバンキング部門のESG投資運用資産がわずか7ヶ月で2倍に増加

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手スイスUBSは8月14日、富裕層向けプライベートバンキング部門が管理するESG投資資産が19.3億ポンド(約2,720億円)に達したと発表した。2018年1月にサステナビリティ100%ファンドを設定した当初の9.47億ポンド(約130億円)から、わずか7ヶ月で2倍となった。  UBSは (さらに…)

» 続きを読む

【スイス】スイス再保険、石炭火力発電企業への保険・再保険引受禁止の運用開始

Facebook Twitter Google+

 再保険世界大手スイス再保険は7月2日、2017年6月に発表した石炭火力発電ポリシーの運用を開始した。石炭火力発電事業からの売上が全体の30%を超える企業に対する保険及び再保険の引受を禁止する。 【参考】【スイス】スイス再保険、今年始めからESGインテグレーションを開始したと公表(2017年7月20日)  スイス再保険はすでに2016年初頭から、石炭火力発電事業からの売上が全体の30%以上を占める企業と、石炭採掘事業からの売上が全体の [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、2026年までに欧州全製品の食品使用鶏肉をケージフリー鶏肉に切り替え

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは6月28日、主力商品ブランド「Herta」「Buitoni」「Wanger」「マギー」において、欧州で販売する商品の原材料となる鶏の飼育環境を改善すると発表した。2019年1月1日から鶏肉の調達方法を変え動物福祉に配慮した「ケージフリー鶏肉」に切り替える。  同社は、鶏の生活環境の改善、倫理的な行為の実践、養鶏密度の低減を目的とし、サプライヤーや他のステークホルダーと協働する。さらに2026年までに、欧州 [...]

» 続きを読む

【スイス】ESG投資推進SSF、2017年にスイスでESG投資が82%伸長と報告

Facebook Twitter Google+

 スイスESG投資推進業界団体Swiss Sustainable Finance(SSF)は5月30日、2017年のスイスでのESG投資状況をまとめた報告書を発表した。同団体には、金融機関、投資家、大学、政府等90機関が加盟している。  スイスでのESG投資の運用資産残高は前年比82%増加し、3,906億スイスフラン(約44兆円)。内訳では、ESG投資ファンドが47%増、ESG投資の投資一任契約が25%増加、アセットオーナー自身が保有 [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、世界中の子供を対象とした健康プログラム発表。栄養改善と栄養教育

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは5月15日、世界中の子供を対象としたプログラム「Nestlé for Healthier Kids」を発表した。同プログラムは、健康的な食品と家庭の栄養教育を開発するためのもの。2030年までに5,000万人の子供を支援することを目標とする。  ネスレは以前から健康問題に取り組んでいる。2017年だけで子供の栄養需要を満たすために1,000商品を新規に発売。さらに66ヶ国で鉄分やビタミンA等必須微量栄養素 [...]

» 続きを読む

【スイス・アメリカ】ネスレ、スターバックス商品の店舗外販売権取得で合意

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは5月7日、スターバックス商品を世界中で販売する権利を取得することで同社と合意したと発表した。缶やペットボトル入り飲料の販売やスターバックス店舗内で販売する権利は含まれない。ネスレはスターバックスに71.5億米ドル(約7,800億円)支払い、年間売上約20億米ドル(約2,200億円)を見込む。同事業に関連する固定資産の譲渡は発生しない。2018年末までに手続が完了する予定。  ネスレは、今回の提携により、「 [...]

» 続きを読む

【スイス】UBS、サステナビリティ100%ファンドをアジア富裕層顧客向けに設定

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手スイスUBSは4月9日、プライベートバンク事業で、アジア富裕層顧客向けにサステナビリティに特化した金融商品の拡充を行うと発表した。同社は今年初め欧米富裕層顧客向けのサステナビリティ特化ファンドを設定。アジアでも同様の戦略を展開する。  UBSは以前からグリーンファンドを設定しいたが、伝統的投資とグリーン投資の双方を混在する形で運営していた。今回設定するのは、顧客資産100%を環境や社会に配慮した企業の株式及び債券に投資す [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る