private 【国際】ボストンコンサルティンググループ、企業のダイバーシティ推進の失敗原因と根本解決策を提示

Facebook Twitter Google+

 コンサルティング世界大手ボストンコンサルティンググループ(BCG)は1月17日、企業のダイバーシティ&インクルージョン推進の失敗の根本原因と対策を分析したレポートを発表した。BCGは、米国を始め多くの企業経営者が、人材競争に勝つため社内のダイバーシティ推進に乗り出しているが、十分な成果が出ていないと指摘。対策の方向性に誤りがあると分析した。  今回の分析におけるダイバーシティは、男女だけでなく、エスニシティや性的指向(LGBTQ)も [...]

» 続きを読む

private 【国際】ボストンコンサルティンググループ、食品廃棄物の課題と打ち手を分析。企業向け提言発表

Facebook Twitter Google+

 コンサルティング世界大手ボストンコンサルティンググループ(BCG)は8月20日、食品廃棄物の分析報告を発表。毎年世界で16億tの食品廃棄物が発生しており、金額に換算すると1.2兆米ドルとなる。さらに食品廃棄物は2030年までにさらに増加し、21億t、金額換算で1.5兆米ドルとなると予測した。  ボストンコンサルティンググループは今回 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】BNPパリバとボストンコンサルティンググループ、2018年CFO調査報告書公表

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバとコンサルティング大手米ボストンコンサルティンググループは6月4日、連結売上5億米ドル以上の企業CFOや財務責任者約700名を対象とした調査報告書「2018 Corporate Treasury Insights」を発表した。同報告書の発表は今年で3回目。今年の調査では、銀行との関係性に焦点を当てた。  同調査によると、65%の回答者が銀行に対して高い信頼を寄せており、銀行のコンプライアンス、規模、市場での [...]

» 続きを読む

【国際】アパレル業界、サステナビリティへの取組でEBIT1~2%増。GFAとBCG合同レポート

Facebook Twitter Google+

 アパレル業界サステナビリティNGOのGlobal Fashion Agenda(GFA)は5月9日、同業界の2018年度のサステナビリティ動向をまとめたレポート「Pulse 
of The Fashion Industry 2018」を発行した。Global Fashion Agendaは2016年設立。本部はデンマーク・コペンハーゲン。活動には、スウェーデンH&M、仏ケリング、米ターゲット、デンマークBestseller、アパレル [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】戦略コンサルBCG、今後は社会・環境インパクトを高める経営戦略が重要

Facebook Twitter Google+

 戦略コンサルティング世界大手米ボストンコンサルティンググループ(BCG)は10月25日、企業戦略の重要コンセプトとして、これまで重視してきた株主総利回り(TSR)に加え、今後は社会総インパクト(TSI)を新たに提唱した。TSIは、社会だけでなく環境へのインパクトをも含む広義の意味で「社会インパクト」を定義。企業はTSIを高める戦略を取ることで、TSRを下げる要因の把握、新たな気づき獲得の2つのメリットがあるとした。  BCGが今回 [...]

» 続きを読む

【国際】WBCSDとEAT、持続可能な食品業界のための新イニシアチブ「FReSH」発足。世界25社が参加

Facebook Twitter Google+

 持続可能な開発を目指すグローバル企業ら約200社で構成されるWBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)とスウェーデンのNGO等3団体が2016年3月に立ち上げた食品に関する財団「EAT Foundation」は1月19日、世界経済フォーラム年次総会(通称、ダボス会議)の場で、世界の食糧危機に立ち向かう新たなイニシアチブ「FReSH(Food Reform for Sustainability and Health progr [...]

» 続きを読む

【アメリカ】機関投資家は経営者よりサステナビリティを意識。BCGとMITスローン合同調査

Facebook Twitter Google+

 戦略コンサルティング世界大手のボストンコンサルティンググループ(BCG)は5月12日、マサチューセッツ工科大学スローン・マネジメント・スクールが発行する『MITスローン・マネジメント・レビュー』誌と共同で、7回目となるサステナビリティ分析報告書を発表した。今回の調査では、100カ国以上の3,000人以上の経営層を対象に実施、そのうち約500名は機関投資家の経営者だった。分析結果からは、経営層と投資家の間には、投資判断に認識の違いがあ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】サステナビリティ実現の鍵は「協働」と「経営層の関与」

Facebook Twitter Google+

経営層の96%がサステナビリティ課題の解決には協働が必要であり、86%が企業のサステナビリティ活動においては経営陣が大きな役割を担うべきだと考えている。そんな興味深い調査結果が明らかになった。 ボストンコンサルティンググループ(以下、BCG)および国連グローバルコンパクトは1月13日、MIT Sloan Management Review(以下、MIT SMR)上で、企業のサステナビリティ活動においては競合企業やサプライヤー、政府、N [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る