private 【国際】医薬品アクセスインデックス2021、首位GSK。上位企業がさらに躍進。下位との差開く

Facebook Twitter Google+

 国際医薬品アクセス向上NGOの医薬品アクセス財団(Access to Medicine Foundation)は1月27日、発展途上国での医薬品へのアクセス改善に関する実践や貢献度を評価したランキング「医薬品アクセスインデックス(ATMインデックス)」の2021年結果を発表した。発表は概ね2年毎で今年で7回目。首位はグラクソ・スミスクライン(GSK)。  同インデックスは、研究機関をもつグローバルな最大手医薬品メーカー20社が対象。 [...]

» 続きを読む

private 【国際】医薬品アクセス財団、製薬企業の透明性の重要性指摘。多くのステークホルダーが関心

Facebook Twitter Google+

 国際医薬品アクセス向上NGOの医薬品アクセス財団(Access to Medicine Foundation)は10月2日、製薬業界に対し、透明性の確保が、医薬品アクセスの向上と信頼性構築において最も重要とする声明を発表した。研究機関、NGO、政府を含めた幅広いステークホルダーに向け、情報開示していくことを求めた。  同財団は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】製薬大手16社、新型コロナの医薬品アクセス拡大で共同声明。業界で収束に向け結束

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手16社とビル&メリンダ・ゲイツ財団は9月30日、新型コロナウイルス感染症の検査薬、治療薬、ワクチンのアクセスを拡大することにコミットする共同声明を発表した。迅速に創薬を続け、低所得国でもアクセス可能な価格で医薬品提供を行うことを改めて宣言した。  署名した製薬企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スイス】ノバルティス、サステナビリティ・リンク・ボンド2300億円発行。医薬品アクセスでSPT

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは9月16日、サステナビリティ・リンク・ボンドを18.5億ユーロ(約2,300億円)発行すると発表した。製薬業界でのサステナビリティ・リンク・ボンドの発行は世界初。  サステナビリティ・リンク・ボンドは、サステナビリティに関する重要KPIで目標(サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット:SPT)を事前に設定し、達成状況に応じて発行条件が優遇される制度。優遇される条件は債券利率で設定することが多く、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ノバルティス、ESGアクションを加速。医薬品アクセス、新型コロナ、気候変動等で

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは9月1日、ESG戦略の目標と進捗を発表した。同社はステークホルダーにマテリアルな4つのESG課題として「腐敗防止」「医薬品アクセス」「グローバル・ヘルスケア課題」「コーポレートシチズンシップ」を設定。最重要のヘルスケア課題の他、医療業界における環境サステナビリティでもリーダーとなるべく活動を推進した。  気候変動については、2025年までに自社事業活動(スコープ1とスコープ2)での二酸化炭素ネット排 [...]

» 続きを読む

【国際】ノバルティス、新型コロナ処置薬15種の非営利販売開始。低・中所得国79カ国対象

Facebook Twitter Google+

 製薬世界大手スイスのノバルティスは7月16日、同社ジェネリック医薬品子会社サンドを通じ、低・中所得国を対象に、新型コロナウイルス感染症の症状に対処する治療薬15種の非営利提供を行うと発表した。基礎的治療薬の非営利・安価販売は今回が世界初。ノバルティスは、「医薬品アクセス(ATM)のため」と説明した。  今回非営利提供されるのは、胃腸疾患、急性呼吸器症候群、肺炎、敗血症性ショック等の治療薬として使われているアモキシシリン、セフトリアキ [...]

» 続きを読む

private 【国際】欧州委とグローバル・シチズンの新型コロナ医薬品アクセス活動、資金募集額が総額1.9兆円に

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会と国際NGOグローバル・シチズンは6月27日、新型コロナウイルス・パンデミックで発展途上国での治療薬、検査薬、ワクチンへのアクセスを高める国際キャンペーン「Global Goal: Unite for our Future」において、メディアを通じたイベントを開催。61.5億ユーロ(約7,000億円)の資金獲得に成功したと発表した。  「Global Goal: Unite for our Future」は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る