【日本】東京大学、ソーシャルボンド200億円発行。日本の国立大学法人初の債券発行

Facebook Twitter Google+

 国立大学法人東京大学は10月8日、国立大学法人初となる大学債をソーシャルボンドで発行すると発表した。発行額200億円。年限40年。利率0.823%。信用格付は、R&IでAA+、JCRでAAA。主幹事証券会社は大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券。  国立大学法人による長期借入と債券発行については、2005年までは資金使途として、附属病院整備事業及び大学等移転事業のみが認められていた。しかし2005年12月に法人法施行令が改正され、 [...]

» 続きを読む

private 【日本】東大、理研、日医工、第一三共、新型コロナ治療薬開発で協働。ナファモスタット吸入製剤

Facebook Twitter Google+

 東京大学、理化学研究所、日医工、第一三共の4者は6月8日、新型コロナウイルスの細胞内への侵入を阻止できる可能性があるナファモスタット吸入製剤について共同研究を行うと発表した。  ナファモスタットは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】IBMと東京大学、量子コンピュータの実用化で提携。東大内に量子システム技術センター開設

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米IBMと東京大学は12月19日、量子コンピューティングの技術革新ならびに実用化に向けたパートナーシップ「Japan–IBM Quantum Partnership」を発表した。他の大学や政府系研究機関、産業界にも参加を促す。IBMは、量子コンピュータ市場でのシェアを拡大するために、世界的にネットワークを展開中。日本でも東京大学と組み、事業拡大を目指す。  今回の提携では、IBMの専門チームが開発した多量子ビット演算の品 [...]

» 続きを読む

【日本】カーボントラッカー「日本石炭火力は7.1兆円の座礁資産化リスク」。CDP、東京大学も分析協力

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOカーボントラッカーは10月7日、CDPジャパン、東京大学未来ビジョン研究センターからの協力を得て、日本で現在計画中及び運転中の石炭火力発電所が座礁資産化するおそれがあるという分析結果をまとめた英語レポート「Land of the Rising and Offshore Wind」を発表した。  カーボントラッカーが均等化発電原価(LCOE)分析に基づいて比較したところ、陸上風力発電、洋上風力発電、大規模太陽光発電は各々 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る