【日本】サントリー、水関連アクション加速。2030年目標引き上げ、同社3つ目のAWS認証も取得

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングスは1月12日、同社2030年環境目標を改訂。「工場節水」「水源涵養」「原料生産」の目標を引き上げた。水アクションを加速する。  同社は、持続可能な水利用に関する「Alliance for Water Stewardship(AWS)」認証を日本で唯一取得。2021年には同団体にも加盟している。また自然資本分野全般での科学的根拠に基づく目標策定を掲げる国際イニシアチブ「Science Based Target [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ペプシコ、カリフォルニア州の旱魃レジリエンス向上で公社に1.7億円拠出。内陸部で注入井実証

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米ペプシコ傘下ペプシコ・ビバレッジズ・ノース・アメリカ(PBNA)は1月7日、米カリフォルニア州地下水供給公社Water Replenishment District of Southern California(WRD)に対し、地域コミュニティ400万世帯以上の水供給支援のため、150万米ドル(約1.7億円)を拠出すると発表した。  WRDは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】フィリップス、浙江海順電工のサステナビリティ向上で連携。サプライヤー協働

Facebook Twitter Google+

 医療機器世界大手蘭フィリップスは12月8日、中国・電器製造の浙江海順電工が、同社サプライチェーン上のサステナビリティ改善プログラム「サプライヤー・サステナビリティ・パフォーマンス(SSP)」に参画し、電気使用量を年間35万kWh、水消費量を9,000t削減し、廃水の質を10倍改善できる見込みと発表した。  浙江海順電工は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】三菱ケミカル、米Agilyxとアクリル樹脂のケミカルリサイクル実証に成功。漁網リサイクルも

Facebook Twitter Google+

 三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱ケミカルと三菱ケミカルメタクリレーツ(MCM)は12月9日、米Agilyxとの共同研究の結果、Agilyxのオレゴン州ティガード工場で、アクリル樹脂と知られるPMMA(ポリメチルメタクリレート)の解重合技術開発の実証に成功したと発表した。ケミカルリサイクルの道が拓けた。  Agilyxは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】バークレイズ、商業銀行部門の法人顧客に脱炭素・水消費削減を助言。SaveMoneyCutCarbon協働

Facebook Twitter Google+

 英金融大手バークレイズは11月17日、英環境専門サービスSaveMoneyCutCarbonと協働し、同社商業銀行の法人顧客に対し、二酸化炭素排出量、エネルギー消費量、水消費量の削減に向けたアドバイスサービスを提供すると発表した。  SaveMoneyCutCarbonは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ブレイブ・ブルー・ワールド財団、2021年版Lighthouse Awards発表。グーグル、ABインベブ、カールスバーグ等受賞

Facebook Twitter Google+

 ブレイブ・ブルー・ワールド財団は11月15日、水関連セクターで明確なビジョンを持った先駆者を表彰する「Lighthouse Awards」の2021年受賞者を発表した。グーグル、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)、カールスバーグ等5社が受賞。3社の事例については、ケーススタディとして公表された。  Lighthouse Awardsは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】サントリー、持続可能なウイスキー製造に向け泥炭地と水源保全に4.5億円拠出

Facebook Twitter Google+

 サントリーホールディングスは10月25日、英国スコットランドで、泥炭地と水源保全活動「Peatland Water Sanctuary」を11月から開始すると発表した。2030年までに400万米ドル(約4.5億円)以上を拠出し、泥炭地13km2と水源を保全。さらに2040年までに同グループで使用する泥炭の2倍の泥炭を創出する泥炭地保全を目指す。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ブラウン・フォーマン、2045年までの環境ロードマップ発表。リジェネラティブ農業も

Facebook Twitter Google+

 米飲料大手ブラウン・フォーマンは9月14日、環境フットプリント削減とポジティブインパクト創出に向けた2045年までのロードマップを発表した。自社の事業活動だけでなく、サプライチェーンまでを対象とし、サステナビリティ目標を設定。「気候変動」「水スチュワードシップ」「サーキュラーエコノミー」「サプライチェーン」の4分野に注力する。  気候変動では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】P&G、2040年スコープ3含むカーボンニュートラル宣言。Race to Zeroにも参画、気候変動は最優先課題

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手米P&Gは9月14日、気候変動に対する包括的計画を発表。2040年までにスコープ3含むバリューチェーン全体でのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を宣言した。同社は2020年7月、2030年までにスコープ1とスコープ2でのカーボンニュートラルを発表済み。今回同目標をさらにスコープ3まで拡大した形。 【参考】【国際】P&G、2030年カーボンニュートラル目標発表。2040年までにスコープ3のCO2も大幅削減 [...]

» 続きを読む

【イギリス】テスコ、商用規模イチゴ栽培初の垂直農法を実現。水消費量とCO2削減と収量増を両立

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは7月5日、英農業生産Direct Produce Supplies(DPS)と協働し、英ウェスト・サセックスで垂直農法で栽培したイチゴの販売を開始すると発表した。商用規模イチゴ栽培での垂直農法は初。水消費量を50%、イチゴ1kgあたりの二酸化炭素排出量を90%削減できる。  DPSは過去3年間、英ウェスト・サセックスでの農家に対し、垂直農法のトレーニングを実施。悪天候の影響を受けず、最大9ヵ月間収穫ができるため、通 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る