【国際】食品消費財サステナビリティ調達優良企業はわずか22社。日本からは花王。WWF調査

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの世界自然保護基金(WWF)は6月14日、食品・消費財分野のメーカー及び小売流通企業のサステナビリティに対する取り組みの実態をまとめた報告書「Slow Road to Sustainability」を発表。世界大手企業のうちごく一握りの企業しか、農業・漁業・林業関連のサスティナビリティー調達を本格的に推進できていないと訴えた。調査は、業界の世界的団体であるConsumer Goods Forum(CGF)のメンバー企業 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ファイナンシャル・プランナーの責任投資理解が不足。TIAA調査報告書

Facebook Twitter Google+

 運用会社米大手のTIAAグローバル・アセット・マネジメント(TIAA)は5月31日、米国での責任投資に関する調査結果を発表した。TIAAは、1918年に大学教授の年金資産運用を行う機関として設立され、現在では教育関係者、宗教団体、慈善活動家を含む幅広い富裕個人資産の運用に従事、運用資産額では全米でも指折りの運用機関となっている。今回の調査は、全米の富裕個人投資家とファイナンシャル・プランナーの双方対象に行われた。米国の富裕個人投資家 [...]

» 続きを読む

【イギリス】マークス&スペンサー「プランA報告書 2016」、新たに22項目達成

Facebook Twitter Google+

 英小売大手マークス&スペンサーは6月9日、同社のサステナビリティ報告書である「2016 Plan A Report」を発表。2015年までの達成状況を明らかにした。マークス&スペンサーは1884年創業の老舗小売チェーン。ロンドン証券取引所にも上場しており、イギリスの代表的な株式指数であるFTSE100の採用銘柄にもなっている。同社は2007年に、長期的サステナビリティ戦略「プランA」を掲げ、先進的な取り組みを実施していることでも有名 [...]

» 続きを読む

【国際】食品ロス測定・報告に関する基準「FLW Protocol」が制定、3GF

Facebook Twitter Google+

 グローバル・グリーン・グロース・フォーラム(Global Green Growth Forum:3GF)は6月6日、7日、デンマーク・コペンハーゲンで2016年サミットを開催、世界初となる「食品損失と廃棄に関する測定および報告に関する基準」(Food Loss and Waste Accounting and Reporting Standard: FLW Standard)のプロトコル「Food Loss+Waste Protoc [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】カトリック系4団体、化石燃料全体からのダイベストメントを宣言

Facebook Twitter Google+

 オーストラリアのカトリック系キリスト教4団体は6月15日、石炭、石油、ガスの化石燃料全体からのダイベストメント(投融資引き揚げ)を共同で宣言した。化石燃料全体からのダイベストメントを複数のカトリック団体が共同で発表するのは世界で初めて。今回宣言に加わった4団体は、Marist Sisters Australia、Presentation Congregation Queensland、Presentation Sisters Wag [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハーシー、2015年CSRレポート公表。気候変動、パーム油、動物愛護など目標発表

Facebook Twitter Google+

 チョコレート米国最大手のハーシーは6月9日、2015年のCSRレポート「Shared Goodness」を公表した。同社は、2014年に続き2015年でも、サステナビリティ調達、食の安全、より健康的な原材料の利用などに取り組んだ。その中には国際的な関心が高まっている気候変動やパーム油の責任ある調達も含まれている。加えて2015年には各国の恵まれない子どもたちのために栄養教育を実施する「Nourishing Minds」プログラムも開 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】伊藤園、全米小売2位クローガー店舗でオーガニック茶の販売を開始

Facebook Twitter Google+

 飲料メーカー大手伊藤園のアメリカ法人は6月8日、スーパーマーケットチェーン米国1位、小売店米国2位のクローガーが保有する1,500店舗で、米国での伊藤園の主力ブランド「TEAS' TEA」ラインナップの一つである「TEAS' TEA ORGANIC」と日本でも有名な「お〜いお茶」の販売が開始されると発表した。クローガーは自然健康食品の販売を強化しており、健康志向消費者に人気の高いオーガニック茶や緑茶の商品拡充として、伊藤園が選ばれた [...]

» 続きを読む

【国際】森林破壊抑止への取り組み企業は増えたが、依然課題は多い。環境NGO報告書

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO・Forest Trends(本部:米国ワシントン)が推進するイニシアチブ「Ecosystem Marketplace」は6月6日、森林破壊根絶を目的としたプロジェクト「Supply Change」の新たな報告書を公表した。Ecosystem Marketplaceは、温室効果ガス、水、生物多様性、地域社会の4分野の市場情報を配信しており、Supply Changeプロジェクトでは、森林破壊根絶に賛同する企業579社の [...]

» 続きを読む

【イギリス】国民投票でのEU離脱、サステナビリティ政策は停滞か維持か

Facebook Twitter Google+

 6月23日に行われたEU離脱を問う英国の国民投票。EU離脱の道を行く結果は、政治、経済を中心とする多様な側面で国際社会に衝撃を与えている。20年以上にわたり離脱へのキャンペーンを展開してきた英国独立党のナイジェル・ファラージ党首は、今回の結果を「英国の独立記念日として歴史に刻まれる」と喜びを露わにした。今回の国民投票に関する報道ではあまり触れらていないが、EU離脱を決めた英国は、サステナビリティ・環境問題について、EUとは違う独自路 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ティンバーランド、靴底に再利用できるタイヤ素材開発で表彰

Facebook Twitter Google+

 アパレルメーカー大手、米ティンバーランドは5月26日、シンガポールのタイヤ販売会社Omni Unitedと共同開発した「ティンバーランド・タイヤ」が、ロンドンで開催されたWGSN Future Awardで「サステナビリティ・デザイン部門賞」を受賞したと発表した。ティンバーランド・タイヤは、ティンバーランド社にとって初めてのタイヤ製品。使用済タイヤをティンバーランド社の靴底に再利用できる新たなタイヤ素材を開発した。ティンバーランド・ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る