【日本】トヨタ自動車と中部電力、ハイブリッド車の使用済電池を電力分野に再利用検討 2018/02/06 最新ニュース

 トヨタ自動車と中部電力は1月31日、ハイブリッド車(HV)から使用済電池を回収し、大容量蓄電池システムとしてリサイクル実証実験を開始すると発表した。電気自動車普及と電力の再生可能エネルギー比率向上の双方を狙う。

 使用済電池は、多数の電池を組み合わせることで一定の蓄電性能が確保できる。今回の実証では、電力ピーク時に放電する需給調整や周波数変動への対応、配電系統における電圧変動への対応等で活用方法を探る。また、回収電池はリサイクル利用後も廃棄せず、レアメタル等の材料を回収し再資源化を図る。対象電池は、まずはハイブリッド車(HV)に使用されているニッケル水素電池。将来的には今後普及が見込まれる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)に使用されるリチウムイオン電池も対象に加える予定。

 実証実験は2018年度中に開始し、2020年度には発電出力約10MW(電池1万個相当分)の導入を予定。

【参照ページ】電動車用電池のリユース・リサイクル事業の実証開始について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る