private 【国際】気候変動物理的リスク評価427、TCFDでのシナリオ分析アプローチ解説レポートを公表 2019/12/08 最新ニュース

 米気候変動物理的リスクアセスメント大手Four Twenty Seven(427)は12月4日、気候変動のインパクトやシナリオ分析の課題、アプローチ方法をまとめたレポートを発表した。427は7月、ムーディーズ傘下に入っている。 【参考】【アメリカ】ムーディーズ、気候変動の物理的リスク評価大手427買収。ESG評価機能強化進む(2019年7月26日)  気候変動は金融の安定性を脅かしており、投資家と規制当局は、資産や市場、経済へのインパクトを適切に理解し、備える必要がある。企業には、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに整合した物理的リスク評価や開示が求められるが、科学的根拠に基づき、意思決定に役立つシナリオ分析を行うには、複雑なフィードバック体系や変動的なタイムスパン、複数の相互作用する要因等、多くの検討事項があり、課題がある。  同レポートでは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る