【中国】バッテリー大手CATL、テスラと2年間のEVバッテリー販売契約。数量制限設けず 2020/02/12 最新ニュース

【中国】バッテリー大手CATL、テスラと2年間のEVバッテリー販売契約。数量制限設けず 1

 バッテリー製造世界大手中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は2月3日、テスラとの間でEVバッテリー販売契約を締結したと発表した。テスラは従来、パナソニックからバッテリー調達を受けていたが、CATLからも調達することにした。

 今回の契約は、2020年7月から2022年6月までの2年間の契約。数量制限を設けずに、テスラの需要に合わせて販売する。テスラは、中国・上海の工場で新型車種「モデル3」の製造を進めている。以前から複数社購買を進める考えを伝えていた。

 CATLは、トヨタ自動車やボルボにもEVバッテリーを供給している。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る