private 【国際】RE100、2020年年次報告書発表。2030年までにRE100達成が75%。日本は「障壁国」 2020/12/21 最新ニュース

 国際環境NGOのThe Climate Group(TCG)は12月16日、事業電力100%再生可能エネルギーの国際イニシアチブ「RE100」の2020年の年次報告書を発行した。2020年は、新型コロナウイルス・パンデミックによる打撃にもかかわらず、RE100の加盟企業数は増加し、264社にまで増えた。一方、加盟企業の報告の中で、再生可能エネルギー100%への障壁が高い国として挙げられた国の中に、日本も含まれていた。

【参考】【エネルギー】RE100と現在の加盟企業 〜再生可能エネルギー100%を目指す企業経営〜(2020年12月19日)

 今回の報告書は、RE100が加盟企業に課している年次報告を集計、分析したもの。加盟企業261社から2019年の結果を収集した。今回は地域毎の再生可能エネルギー割合に関する設問に152社が回答し、昨年のよりも詳細なデータが集められるようになった。さらに、サプライヤーへのエンゲージメントの内容の回答も141社から、再生可能エネルギーへの切り替え戦略を回答した企業も135社あった。

 その中で、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る