private 【国際】SAC、Higgのアパレル素材環境負荷データの開示開始。アマゾン、H&M、C&A等参画 2021/06/03 最新ニュース

 アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coalition(SAC)は5月27日、販売製品の環境フットプリントの開示する新たなプログラム「Higgインデックス・サステナビリティ・プロフィール」を開始。アマゾン、H&M等13社が同プラグラムに参画することを表明済みと発表した。

【参考】【国際】SACとザランド、Higg BRMの推進で協働。ザランドの取扱全ブランドで評価取得義務化(2020年6月4日)

 SACはアパレル世界大手を中心に小売、アパレルサプライヤー、業界団体、NGO、大学等が加盟する団体。現在の加盟機関数は250社以上。2009年にパタゴニアとウォルマートが連携しサプライチェーンのサステナビリティ評価イニシアチブを発端とし、2011年に米サンフランシスコで設立された。加盟機関はアディダス、NIKE、VFコーポレーション、リーバイ・ストラウス、バーバリー、ケリング、GAP、H&M、インディテックス、マークス&スペンサー等。日本企業では、ファーストリテイリング、アシックス、東レ、帝人、日鉄物産、アダストリアの6社とボーケン品質評価機構が加盟している。

 今回「Higgインデックス・サステナビリティ・プロフィール」に参画を表明したのは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る