【イタリア】エネル、脱石炭期限を2027年に前倒し。再エネ設備容量を2030年までに145GW 2021/09/28最新ニュース

 エネルギー世界大手イタリアのエネルは9月24日、事業での脱石炭の期限を2030年から2027年に早めるとともに、再生可能エネルギー発電設備容量を、2020年の49GWから2030年には145GWへと3倍にまで伸長させると発表した。

 今回の発表は、…

Links