【日本】住友商事の株主や融資銀行、仙台のバイオマス専焼発電に懸念。NGOの調査に回答 2022/09/11最新ニュース

 国際環境NGOのマイティ・アース、プランテーション・ウォッチ、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、ウータン・森と生活を考える会、Fair Finance Guide Japan(FFGJ)、Fridays For Future Sendaiの6団体は9月8日、住友商事がバイオマス燃料を輸入し、宮城県仙台市で建設するバイオマス専焼火力発電所に対し、投資家が懸念を伝えているとの調査結果を発表した。

 輸入バイオマスを巡っては、…

Links