private 【スイス】グレンコア、気候変動ポリシー改訂。スコープ3の削減見通しを初めて公表

Facebook Twitter Google+

 資源採掘世界大手スイスのグレンコアは2月18日、気候変動ポリシーを改訂。同社として初めて二酸化炭素排出量スコープ3の見通しを示した。同社は2019年2月に初めて気候変動ポリシー(Position Statement)を開示。1年を経て早速改訂した。 【参考】【スイス】グレンコア、気候変動対策アクション公表。Climate Action 100+からのエンゲージメント受け(2019年2月25日)  今回の改訂では、 (さらに&hell [...]

» 続きを読む

【国際】国際人権NGO、再エネ関連鉱物資源大手の人権侵害調査。多くが苦情申立発生。住商も

Facebook Twitter Google+

 国際人権NGOビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)とフォード財団が運営する鉱業人権イニシアチブ「Transition Minerals Tracker」は9月5日、銅、リチウム、コバルト、亜鉛、マンガン、ニッケルを採掘する大手企業の人権リスクを評価したレポートを発表した。多くの企業で、2010年から2019年5月までに1件以上の人権苦情申立が確認された。  Transition Minerals Trackerは、鉱物の中で [...]

» 続きを読む

【スイス】グレンコア、NGOに指摘された各国での人権侵害に対し回答。国際アプローチ採用を強調

Facebook Twitter Google+

 資源採掘世界大手スイスのグレンコアは8月18日、同社が事業展開する国において、同社が人権侵害を引き起こしていると人権NGOが2018年に国連人権理事会(HRC)に報告した件について、回答した。  今回、国連人権理事会に報告したのはスイス人権NGOのEuropean-Third World Centre(CETIM)。同NGOは、国連経済社会理事会(ECOSOC)の総合協議資格を取得している。同報告書には、オーストラリア、ボリビア、カ [...]

» 続きを読む

private 【スイス】グレンコア、気候変動対策アクション公表。Climate Action 100+からのエンゲージメント受け

Facebook Twitter Google+

 資源採掘世界大手スイスのグレンコアは2月20日、気候変動対応推進の国際機関投資家イニシアチブ「Climate Action 100+」とのエンゲージメントの結果、総合的な気候変動対応アクションを発表した。化石燃料に関する設備投資状況の開示、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに沿う情報開示、業界団体のパリ協定との整合性調査等が柱。  グレンコアは、金属、原油、石炭、天然ガスでの資源採掘を行うとともに、農作物商社 [...]

» 続きを読む

【国際】採掘大手11社ら、気候変動により100億米ドルを喪失するリスク。CDP調査

Facebook Twitter Google+

 企業に対して気候変動対策の情報開示を求める機関投資家らによる国際イニシアチブのCDPは11月23日、合計時価総額3290億米ドルにのぼる鉱物・採掘業界の世界最大手11社らの気候変動対応状況についてまとめた調査報告書、"Making the grade: are some miners chasing fool’s gold?"を公表した。  同調査はCDPのデータを用いて、英BHBビリトン、住友金属鉱山、米フリーポート・マクモラン、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る