【日本】総務省、5G特定基地局の開設遅延でソフトバンクに改善始動。2021年度中に遅延解消

Facebook Twitter Google+

 総務省は6月2日、ソフトバンクに対し、第5世代移動通信システム(5G)の特定基地局の開設に遅延がみられるとして、遅延を解消するよう命ずる改善指導を発出した。同社は2020年10月、同社が指定を受けている700MHz帯及び3.4GHz帯の周波数を使用して5G特定基地局を開設する許可を得ていたが、総務省が受けた報告によると2020年度末までの進捗に遅延が確認されたという。  同社が総務省に申請し許可された計画では、2020年度末時点での [...]

» 続きを読む

private 【国際】ソフトバンク、5Gコンソーシアム発足。製造、運輸、建設、医療、スマートシティの5分野

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクは6月1日、企業、自治体等、社会全体で5G(第5世代移動通信システム)の活用を加速させることを目指して「ソフトバンク5Gコンソーシアム」を設立したと発表した。「製造」「運輸」「建設」「医療」「スマートシティ」の五つを重点テーマとし、ワーキンググループを運営。会員機関を募る。  同コンソーシアムは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】ソフトバンク、2030年カーボンニュートラル宣言。グループ再エネ事業とシナジー

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクは5月11日、2030年までにカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量)を達成する目標を発表した。日本政府が目標としている2050年ではなく、国連持続可能な開発目標(SDGs)の2030年を達成期限に設定した。  同社の消費電力の半分は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】ソフトバンク、次世代電池Lab.設立。世界の開発支援プラットフォーム目指す

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクは3月15日、質量エネルギー密度が高く軽量で安全な次世代電池の研究開発および早期実用化の推進に向け、世界中のさまざまな次世代電池の評価・検証を行う施設「ソフトバンク次世代電池Lab.(ラボ)」を2021年6月に設立すると発表した。  同社は、現在、世界でさまざまな電池メーカーが技術検証を実施しているが、メーカーごとに技術評価環境・検証基準が異なり、同一環境下での性能差の分析・技術課題の特定が難しいという課題があると指摘。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦政府機関、政府調達からファーウェイ等中国5社製品を排除。KDDIとSBは販売再開

Facebook Twitter Google+

 米国防総省、連邦調達庁(GSA)、航空宇宙局(NASA)は8月7日、政府機関による華為技術(ファーウェイ)を含む中国企業5社等からの調達を禁じる暫定規則を発表した。2019年会計年度国防授権法(NDAA)889条に基づく措置。8月13日に正式に官報に掲載され、即日施行される。  今回、政府調達から除外されるのは、ファーウェイ、中興通訊(ZTE)、海能達通信(ハイテラ)、海康威視数字技術(ハイクビジョン)、大華(ダーファ)の5社等。具 [...]

» 続きを読む

【日本】ソフトバンク、2020年4月から就業時間中の喫煙を全面禁止。勤務間インターバル制度も

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンク3月19日、就業時間中の禁煙を含む健康経営施策を4月1日から実施すると発表した。「社員が心身ともに健康で、常に活力にあふれた組織を実現することを目的」と説明した。  禁煙措置は、就業時間中での喫煙を段階的に禁止する。まず4月から毎月最終金曜日の就業時間中の喫煙を、加えて10月から「定時退社Day」(毎週水曜日)の就業時間中でも喫煙を禁止する。2020年4月からは就業時間中は、オフィス内や外出中を問わず全面的に禁煙にする。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ソフトバンク・ビジョン・ファンド、GMの自動運転技術子会社に出資

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンク・グループが運用管理するソフトバンク・ビジョン・ファンドは5月31日、自動車世界大手米GMの自動運転技術開発子会社GMクルーズ・ホールディングスに22.5億米ドル(約2,500億円)出資すると発表した。ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資手続き完了後、GMも同社に11億米ドル(約1,200億円)出資する。  ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資は二段階で行われる。同社はまずGMクルーズ・ホールディングスに9億米ドル出 [...]

» 続きを読む

【インド】ソフトバンクと中国GCLグループ、合弁設立。太陽光発電建設に約990億円投資

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」と中国エネルギー大手GOLDEN CONCORD Group(GCL)子会社のGCL System Integration Technology(協鑫集成科技)は3月29日、インドでの太陽光発電所建設のための合弁企業をインドのアンドラ・プラデシュ州に設立する覚書を交わしたと発表した。合弁企業の出資比率は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを運営するSoftbank Invest [...]

» 続きを読む

【サウジアラビア】ソフトバンクと同国政府、200GWの太陽光発電発表。約21兆円投資

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクグループは3月27日、サウジアラビアに合計200GWの太陽光発電所を建設するため、同国政府との間で2,000億米ドル(約21兆円)を投資する覚書を交わしたと発表した。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が、滞在先の米ニューヨークで記者会見し明らかにした。太陽光発電建設への投資計画としては世界最大となる。  資金は、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とサウジアラビア [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る