private 【中国】百度、滴滴出行、アリババ、レベル4自動運転をリード。グーグル子会社Waymoを越す勢い

Facebook Twitter Google+

 中国で自動運転タクシーの走行が活発化している。2019年9月には百度の「Project Apollo(阿波羅)」が湖南省の長沙市で、基本的に運転手なしで自動走行する「レベル4」の自動運転を開始。2020年6月からはDidi(滴滴出行)が上海市で同じく「レベル4」自動運転のタクシー走行が開始した。レベル4で本格走行している自動車があるのは世界で米国と中国のみ。同分野はこれまでグーグルがリードしてきたが、中国企業が大きなリーダーシップを [...]

» 続きを読む

【中国】テンセント、モナコと同規模のスマートシティNet Cityを深圳に建設。サステナビリティ重視

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手中国テンセント(騰訊)は6月9日、広東省深圳に2km2のスマートシティ「Net City」を建設すると発表した。完成するとモナコと同等の規模となり、IT企業が手掛ける世界最大の不動産開発プロジェクトとなる。設計大手NBBJが設計を担当する。  建設地は海に面した国有地で、都市人口は8万人規模。オフィス、学校、マンション、スポーツ施設、公演、モール等が立地し、テンセントのオフィスや従業員マンションも置かれる予定。まずマンシ [...]

» 続きを読む

【国際】テンセント、国連ユネスコとの接点強化。世界のオンライン教育推進で中心的役割狙う

Facebook Twitter Google+

 国連教育科学文化機関(UNESCO)と中国ユネスコ国内委員会は5月19日、「一帯一路・青年創意と遺産フォーラム」をオンラインで開催。中国IT大手テンセントのオンライン会議アプリ「騰訊会議(国際版はVooVミーティング)」を提供した。60ヶ国以上から100人以上の若者が招待され、オンライン上で交流した。テンセントは最近、国連との接点を深めている。 【参考】【国際】中国テンセント、UN75キャンペーンで国連と提携。WHOには11億円寄付 [...]

» 続きを読む

private 【国際】中国テンセント、UN75キャンペーンで国連と提携。WHOには11億円寄付と人工知能技術を提供

Facebook Twitter Google+

 国連と中国IT大手テンセントは3月30日、国連が75周年を記念して進める「UN75」キャンペーンで、パートナーシップを締結した。テンセントが、オンライン会議システム「VooV Meeting」や、チームワークアプリ「WeChat Work」、人工知能プラットフォーム「Tencent Artificial Intelligence Simultaneous Interpretation(Tencent AI SI)」を提供し、キャンペ [...]

» 続きを読む

【中国】テンセント、2013-2014年版の「CSR報告書」を発表。各サービスのインパクトを開示。

Facebook Twitter Google+

 世界的なインターネット大手、中国のテンセントは6月26日、2013〜2014年版のCSR報告書を発表した。同社は2年おきにCSR報告書を発表しており、今回が4回目。CSR報告書のテーマは「For the connection」。全社の経営スローガンである「全てを繋げる」に基づき、過去2年での達成成果をまとめた。テンセントは、メッセージアプリである「Wechat(微信)」、同社の歴史を築いてきた初期のチャットサービス「QQ」、SNSの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る