【国際】コカ・コーラ、ペプシコ、ユニリーバ、P&G等、海洋プラスチック対策Circulate Capitalに出資

Facebook Twitter Google+

 インパクト投資運用米Circulate Capitalは10月25日、海洋プラスチック対策ファンドを近々組成し、すでに約9,000万米ドル(約100億円)の出資が集まっていることを明らかにした。出資者は、ペプシコ、P&G、ダウ、ダノン、ユニリーバ、コカ・コーラ・カンパニー等。国際環境NGOのOcean Conservancyも運営に協力する。ファンドは2019年前半に組成する。  Circulate Capitalのファンドは、海洋 [...]

» 続きを読む

【タイ】政府、プラスチック廃棄物と電子廃棄物の輸入禁止方針発表。中国、ベトナム等に続く

Facebook Twitter Google+

 タイ政府は、2021年までに廃プラスチックの輸入を全面的に禁止する方針を掲げた。日本を含む東南アジア及び北米のプラスチック廃棄物の多くは、リサイクル目的で中国に輸出されていたが、中国政府は2018年1月に廃プラスチックの輸入を禁止。それ以後、輸出先が中国から東南アジアにシフトしてきていた。廃棄物による環境汚染を忌避した。 【参考】【国際】世界のプラスチック廃棄物の60%を輸入してきた中国の輸入禁止措置。日本も対策必要(2018年7月 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グリーンピース、米小売22社の海産物サステナビリティ評価。首位ホールフーズ

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOグリーンピースは8月15日、米小売大手の海産物サステナビリティを評価するレポート「Carting Away the Oceans」の2018年版を発表した。同レポートは2008年に発行を開始し今年が10周年目。同レポートは、この10年間で米小売の海産物サステナビリティへの取組は大きく改善したものの、使い捨てプラスチックの問題にはまだ実効性のあるアクションを打ち出せていないと評した。  今年のレポートでは、小売大手22社 [...]

» 続きを読む

【日本】すらいらーくグループ、2020年までに全店舗ブランドでプラスチック製ストロー使用廃止

Facebook Twitter Google+

 すかいらーくホールディングスは8月17日、すかいらーくグループの海外含む全業態全店舗で、使用している使い捨てプラスチック製ストローの使用を廃止すると発表した。子連れや障害者等特別に要望がある場合やタピオカ入りドリンクやスムージーなどストローが不可欠な一部商品については例外的に使用を継続する。  すかいらーくホールディングスは現在、「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」「夢庵」「ステーキガスト」「グラッチェガーデンズ」「藍屋」等のブラ [...]

» 続きを読む

【チリ】ビニール袋の商用利用禁止法施行。南米で初。企業は6ヶ月から2年間の対応猶予

Facebook Twitter Google+

 チリで8月3日、ビニール袋の商用利用を禁止する法律が施行された。同様の法律の施行では南米初。施行は6月1日には決定していたものの、チリ工業プラスチック協会(Association of Industrial Plastics)が上告したことで施行が遅れていた先日、同国憲法裁判所が同協会の訴えを退け、法施行が確定した。  新法では、衛生面や食糧廃棄物を防ぐために必要な包装以外の全ビニール袋の商用利用が禁止され、違反者には370米ドルの [...]

» 続きを読む

【アメリカ】マクドナルドとスターバックス、飲料カップごみ削減で連携。プラスチック・紙双方

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは7月17日、米スターバックスと米サーキュラーエコノミー投資ファンドClosed Loop Partnersが今年3月に設立した飲料カップのリサイクル・堆肥化コンソーシアム「NextGen Cup Challenge」に創立者メンバーとして参加すると発表した。スターバックスとマクドナルドは、プラスチック製ストローやマドラーの廃止をすでに発表しているが、紙製とプラスチック製の双方の飲料カップでもご [...]

» 続きを読む

【国際】世界のプラスチック廃棄物の60%を輸入してきた中国の輸入禁止措置。日本も対策必要

Facebook Twitter Google+

 米ジョージア大学のAmy L.Brooks研究員らは6月20日、学術論文誌「Science Advances」に掲載された論文「The Chinese Import ban and its impact on global plastic trade」の中で、中国が最近導入した廃棄物輸入規制により、2030年までに推計で1億1,100万tのプラスチック廃棄物が他の国々に輸出されるという見解を示した。 【参考】【中国】税関当局、密輸固 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】テトラパック、紙ストローの開発計画を公表

Facebook Twitter Google+

 食品包装世界大手スウェーデンのテトラパックは4月30日、紙製ストローの開発計画を公表した。使い捨てプラスチックストローが環境問題となっていることに対応する。  テトラパックはこれまで、プラスチック製ストローを飲料を飲み干した後に箱に戻し箱ごと回収できるようにすることを消費者に呼びかけてきた。こうすることでプラスチックごみが海洋等に浮遊するのを防いできた。しかし今回、抜本的なソリューションとして紙製ストローの投入に踏み切る。  テトラ [...]

» 続きを読む

【イギリス】環境NGOのプラスチックごみ削減宣言「UK Plastics Pact」、政府等15団体・企業42社が署名

Facebook Twitter Google+

 英環境NGOのWRAPは4月26日、英政府、企業、NGOを巻き込んだプラスチックごみ削減宣言「UK Plastics Pact」を発足した。英環境・食糧・農村地域省、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ、ペプシコ、P&G、ユニリーバ、ネスレ、ダノン、セインズベリー、テスコ、マークス&スペンサー、ウェイトローズ、モリソンズ、ALDI、ピザハット等42社がすでに署名。NGO等15機関も署名した。  WRAPは2000年設立。今回署名 [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、2025年までに全プラスチックパッケージをリサイクル・再利用可能な素材に切替

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは4月10日、2025年までに同社商品の全パッケージをリサイクルまたは再利用可能なものに切り替えると発表した。最終的に埋立廃棄物をゼロにする完全再キューラーエコノミーを確立することが目標。  プラスチックごみは、世界が直面する大きな環境問題の一つ。ネスレ1社だけでなく、同業他社やバリューチェーン上の企業からも協力を仰ぎながら、イニシアチブを推進する。ネスレが注力するのは、(1)リサイクルされたプラスチック素 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る