【国際】ISO、原子力発電関連セクター向け品質マネジメント規格ISO19443リリース

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は6月13日、原子力発電関連セクターの品質マネジメント規格「ISO19443」をリリースした。同規格は、原子力発電関連セクターが品質マネジメント規格ISO9001を準拠するための特別要件を規定したもの。原子力発電の安全性にフォーカスしている。  ISO19443は、国際原子力機関(IAEA)が積極的に関与し、ISO/TC 85で検討。24人の国際的な専門家によって策定された。 【参照ページ】New stand [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、工作機械の環境性能に関する規格ISO14955をリリース

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は6月12日、工作機械の環境性能に関する規格「ISO14955」をリリースした。電力、水、潤滑油等多数の資源を用いる工作機械の環境性能の評価方法についての統一規格。  ISO14955は、2つの文書に分かれている。2017年11月に発行された「ISO14955-1」は、工作機械の省エネ性能の評価設計について規定。今回発行された「ISO14955-2」は、実務的な測定メソッドについて記述している。  ISO14 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、世界初のファシリティマネジメント規格ISO41001をリリース

Facebook Twitter Google+

 ISO(国際標準化機構)は4月24日、ファシリティマネジメント(FM)規格「ISO41001」をリリースした。ファシリティマネジメント分野の国際規格はISO41001が世界初。同規格は、健康・ウェルビーイング、空間活用、維持管理、セキュリティ、衛生、環境、オフィス費等、幅広い分野をカバーしている。  ISO41001は、世界各国のベストプラクティスを参考に策定され、自社の不動産管理を行う観点だけでなく、不動産管理先をアウトソースする [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、製品ラベルガイダンスISO/IEC Guide14を改訂。QRコードやサステナビリティ盛り込む

Facebook Twitter Google+

 ISO(国際標準化機構)は4月3日、消費者向け製品ラベルに関するガイダンス文書「ISO/IEC Guide14: Product information for consumers」を改訂したと発表した。ISO/IEC Guide14の初版は1977年に制定。同ガイダンスを基に、JIS(日本規格協会)も「JIS S 0114:2000 消費者のための製品情報に関する指針」を制定している。  同ガイダンスは、消費者が適切な情報に基づき [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、木材・プラスチック再生複合材WPRCの仕様規格「ISO20819」発行

Facebook Twitter Google+

 ISO(国際標準化機構)は3月19日、木材・プラスチック再生複合材(WPRC)の仕様に関する国際標準「ISO20819:2018」が新しく発行した。WPRCは、廃材等の木質原料と容器等をリサイクルしたプラスチック原料を溶融・混合化し成形したもの。サーキュラーエコノミー推進のため、現在も歩行者デッキや建築壁面用ルーバーに用いられている。  同規格の策定は日本が起案したスタートした。WPRCでは日本で先行して「JIS A 5741(木材 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、労働安全衛生マネジメントシステム国際規格ISO45001を制定

Facebook Twitter Google+

 ISO(国際標準化機構)は3月12日、労働安全衛生マネジメントシステム国際規格ISO45001を制定した。ISO45001は認証規格で、品質マネジメントシステム国際規格ISO9001、環境マネジメントシステム国際規格ISO14001の労働安全衛生版。現行の労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001に替わるものとなり、現在OHSAS18001を取得している組織には、ISO45001への転換に3年間の猶予が与えられる。  同規 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、環境ラベル第三者認証の国際規格ISO14024を改定

Facebook Twitter Google+

 ISO(国際標準化機構)は3月9日、ISO14024「環境ラベル及び環境宣言−タイプI環境ラベリング−原則及び手順」を改定した。同規格は1999年に制定され、今回20年ぶりに初めて改定された。タイプI環境ラベリングは、第三者によって認証されるエコラベルのこと。  エコラベルでは、「ナチュラル」「リサイクル可能」「環境フレンドリー」「低エネルギー」「リサイクル材使用」等様々なラベリングがされ、消費者に訴求されている。導入当初は消費財を [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、グリーンボンドの国際規格ISO14030の制定作業を開始

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は7月31日、グリーンボンドに関する国際規格ISO14030の制定作業を開始した。ISOの加盟メンバーである米国国家規格協会(ANSI)が今年5月30日にグリーンボンド国際規格の提案申請をISO事務局に提出し、7月26日まで投票が行われた結果、7月31日に正式に承認された。  ISO14030規格では、グリーンボンドの環境評価プロセスや必要要件、モニタリング、情報開示等に関する内容を決める。ANSIの申請書類 [...]

» 続きを読む

【12/9@大阪 12/13@東京 セミナー】組織ガバナンス強化に向けて~コーポレートリスクの視点から見たマネジメント~

Facebook Twitter Google+

 昨今、様々な業種業界で、組織がサイト単位や組織単位で個別に取得しているISOの認証を統一し一本化(統一認証=マルチサイト化)する傾向が強まっています。この背景にはビジネストレンドである「ガバナンスの強化」と「外部コストの低減」を実現したいという狙いがあるといえます。また、マネジメントシステムの効率的運用という視点からは、複数のシステムを統合的に運用し、審査も統合(複合・同時)で受審する試みもみられます。統一認証、システムの統合化は非 [...]

» 続きを読む
2016/11/15 行動する

【国際】「ISO37001 反賄賂マネジメントシステム」がリリース。同分野で世界初の国際規格

Facebook Twitter Google+

 国際基準規格を策定する世界的機関であるISO(国際標準化機構)は10月14日、腐敗防止分野を扱った新たな国際規格「ISO37001(反賄賂マネジメントシステム)」をリリースした。この国際規格は、腐敗防止に向けたマネジメントシステムに関する世界初の規格。企業などの機関が自身のオペレーションやサプライチェーン上で発生する可能性のある賄賂リスクを減らしていくのに役立つものとなる。同規格は、第三者審査によって認証を受ける認証規格として活用す [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る