【国際】ISO、宿泊施設サステナビリティ・マネジメント・システム規格ISO21401リリース

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は1月31日、宿泊施設のサステナビリティ・マネジメント・システム規格「ISO21401」をリリースした。観光市場は2030年まで毎年3.3%拡大すると言われており、観光業の中核となる宿泊施設について、社会・環境観点でのマネジメント規格を策定した。  ISO21401では、人権、顧客と従業員の安全衛生、環境保護、水・エネルギー消費量、廃棄物削減、地域経済の発展等の内容が含まれている。  ISO21401は、IS [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、人的資源マネジメントISO30414をリリース。初の人材マネジメント規格

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は1月15日、ISO30414(人的資源マネジメント)をリリース。ISOとして初となる人材マネジメント基準を発行した。内容には、組織文化、採用、離職、生産性、安全衛生、リーダーシップ等は幅広い人事マネジメントを対象としている。  人事コストは、一般的にコストの70%を占めると言われており、人事マネジメントの重要性は高い。しかし、人事マネジメントには様々な手法があり、国際的にも統一されたガイドラインというものは [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、マネジメントシステムの統合運用ハンドブック「IUMSS」改訂。第2版発行

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は11月15日、ISOの各マネジメントシステムを統合的に運用するためのハンドブック「The integrated use of management system standards(IUMSS)」を改訂し、第二版を発行した。初版は2008年に発行。今回、関連ISO基準や他の基準のその後の改訂に対応したものとなっている。  ISOのマネジメントシステム基準(MSS)では、「品質マネジメントシステム(ISO90 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、ITサービスマネジメント規格「ISO/IEC 20000シリーズ」を改訂

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は9月18日、ITサービスマネジメント規格「ISO/IEC 20000シリーズ」を改訂し、「ISO/IEC 20000シリーズ:2018」をリリースしたと発表した。ISO/IEC 20000シリーズは、ITサービスの提供者が、サービスの内容やリスクを明確にし、高い品質やサービスレベルを実現するためのマネジメント規格。  ISO/IEC 20000シリーズの改訂は、ISO/IEC 20000-1とISO/IEC [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、漢方灸療法ISO20493を新たにリリース。中国国家標準化管理委員会が主導

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は8月29日、新たに漢方薬(灸療法)規格「ISO20493」を制定した。灸療法の品質や安全性の最低基準を規定している。  ISO20493はともに、ISO/TC 249で策定。中国のSAC(国家標準化管理委員会)が事務局を務めた。 【参照ページ】New International Standard for traditional Chinese medicine just published

» 続きを読む

【アメリカ】食品医薬品局、医療機器に「ISO13485」採用の方向 。医療機器品質マネジメントシステム規格

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は8月27日、米食品医薬品局(FDA)が医療機器の品質マネジメントシステム規格「ISO13485」を医療機器規制に採用する方向で検討していると発表した。品質マネジメントシステム規格「ISO9001」が汎用性がある規格であるのに対し、ISO13485は高い安全基準が要求される医療機器に特化した品質マネジメントシステム規格。  ISO13485は、すでに欧州、カナダ、オーストラリアやアジアの国々で医療機器への基準 [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、エネルギーマネジメントシステム規格「ISO50001」改訂

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は8月21日、エネルギーマネジメントシステム規格「ISO50001」を改訂し、「ISO50001:2018」を発行した。ISO50001は、エネルギー効率の改善や炭素マネジメントのための規格。2011年に初版が発行された。  今回の改訂では、エネルギーパフォーマンスに関する重要な概念を明確化し、リーダーシップの責任強化も重視した。また、親和性の高い規格である環境マネジメントシステム規格「ISO14001」等と [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、持続可能な都市とコミュニティ評価指標ガイドライン規格「ISO37120」改訂

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は、持続可能な都市とコミュニティ評価指標ガイドライン規格「ISO37120」を改訂し、「ISO37120:2018」を発行した。ISO37120の初版は2014年に発行され、すでに100以上の都市で都市インフラ設計や都市サービス設計の面で活用されている。  ISO37120:2014は、コミュニティの持続可能な発展規格「ISO37000シリーズ」の一つ。ISO37101では、同シリーズの中でのマネジメントシス [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、マネジメントシステム監査のための指針「ISO19011」改訂

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は7月3日、マネジメントシステム監査のための指針「ISO19011」を改訂し、「ISO19011:2018」を発行した。ISO19011は、ISOが発行する各マネジメントシステム規格の第一者監査(内部監査)、第二者監査(サプライアー監査)の実施手法を定めた規格。  今回の改訂では、監査原則として新たにリスクベース・アプローチが追加された。最新版の各マネジメントシステム規格では、組織の機会とリスクを捉えられるよ [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、食品安全マネジメントシステムISO22000改訂。移行猶予期間は3年

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は6月19日、食品安全マネジメントシステム「ISO22000」を改訂し、「ISO22000:2018」を発行した。今回の改訂では、食品分野の新たなマネジメント・アプローチとして、オペレーションレベルとビジネスレベルを区別し、規定を強化する等が変更された。旧版「ISO22000:2005」を取得している企業は、新版「ISO22000:2018」を新たに取得する必要がある。移行猶予期間は3年間。  今回の変更では [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る