private 【国際】ハイネケン、2040年までにスコープ3含むカーボンニュートラルに目標引き上げ

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手蘭ハイネケンは4月15日、同社のサステナビリティ戦略「Brewing a Better World」を改訂し、2030年までに自社事業で、2040年までにバリューチェーン全体で二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を達成する目標を発表した。国連の気候変動キャンペーン「Race to Zero」と事業電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際イニシアチブ「RE100」にも加盟する。  同社は2月 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ネスレやテレフォニカ、1.5℃サプライチェーン・リーダーズに加盟。中小企業サプライヤーと協働

Facebook Twitter Google+

 気候変動緩和のための企業・NGOイニシアチブExponential Roadmapは12月12日、同イニシアチブが運営するサプライチェーン全体での1.5℃目標達成推進グループ「1.5℃サプライチェーン・リーダーズ」に、ネスレ、テレフォニカ、Ragn-Sellsの3社が新たに加盟したと発表した。これで加盟企業は計8社となった。  1.5℃サプライチェーン・リーダーズは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】金融機関と環境NGO、2021年COP26に向け脱炭素化加速で結束強化。FCCMの活動を支持

Facebook Twitter Google+

 金融機関イニシアチブとNGO17機関は12月12日、2021年の第26回国連気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)の議長国英国と、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が運営する国際キャンペーン「Race to Zero」と協調していく共同声明を発表した。非国家アクターをカーボンニュートラルに自主的に動くよう働きかけていく。 【参考】Race to Zeroとは・何か  今回の共同声明に参加したのは、国連環境計画金融 [...]

» 続きを読む

Race to Zero

Facebook Twitter Google+

 Race to Zeroは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が、2020年6月5日の「世界環境デー」に開始した国際キャンペーン。気温上昇を1.5度未満に抑え、2050年までに世界全体で二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するためには、国家以外の企業、金融機関、地方自治体、NGO等の「非国家アクター」のアクションが特に重要と位置づけ、非国家アクターを対象としたキャンペーンとなっていることが大きな特徴。   [...]

» 続きを読む
2020/12/14 辞書

【国際】企業や自治体、ハイレベル国際会議開催。国家に気候変動対策強化要求。Race to Zeroへ

Facebook Twitter Google+

 企業、金融機関、自治体の非国家アクターが集まる気候変動国際会議「High-Level Meeting of Caring for Climate」の第8回会合が12月8日、オンラインで開催された。Caring for Climateは、2007年に国連グローバル・コンパクト(UNGC)、国連環境計画(UNEP)、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が運営している国際イニシアチブで、約450社が加盟している。  同会議は、12月 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る