【ノルウェー】公的年金GPFG、ESGモニタリング機関としてRepRiskとISS-Ethixを選定

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー公的年金基金GPFGは1月8日、投資先企業のESG状況をモニタリングする外部機関として、新たにRepRiskとISS-Ethicを選定したと発表した。GPFGは約8,500億ノルウェークローネ(約12兆円)を運用する世界最大の政府系投資ファンド(SWF)。世界の上場企業数の1.3%に当たる77ヶ国約9,000社に投資している。  RepRiskは、ESGリスク情報提供大手でスイス・チューリヒに本社を置く。GPFGは、同社の [...]

» 続きを読む

【国際】RepRisk「世界で最も物議を醸したプロジェクト2016」発表。エネルギー・資源系が多数

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクに関する情報提供大手のRepRiskは3月29日、2016年度版「世界で最も物議を醸したプロジェクト(Most Controversial Projects)報告書」を発表した。RepRiskは、同様の報告書として「世界で最も物議を醸した企業(Most Controversial Companies)報告書」も毎年発行しているが、今回発行のものは「プロジェクト」についてまとめたもので、今年が4回目。 【参考】RepRis [...]

» 続きを読む

【国際】RepRisk「世界で最も物議を醸した企業2016年」発表。賄賂やマネーロンダリング関与が多数

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクに関する情報提供大手のRepRiskは1月25日、2016年度版「世界で最も物議を醸した企業(Most Controversial Companies)報告書」を発表した。同報告書は2008年から毎年発表されており、今年が9回目。同報告書は、上場・非上場含む世界の主要企業80,000社と20,000件のプロジェクトの情報を網羅した同社の「ESGリスクプラットフォーム」に基づいて、リスク値を計測している。このプラットフォー [...]

» 続きを読む

【国際】RepRisk、小売業界のリスク報告書サマリーを発表。世界トップ10社のリスク度を公開

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクコンサルティング世界大手スイスのRepRiskは12月14日、小売業界トップ企業の状況をまとめたESGリスク報告書を発表した。同報告書には、世界の小売企業大手10社の2016年12月時点でのリスク格付とともに、小売業界全体のESG関連課題や注目トピックを掲載している。  RepRiskは、環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する企業情報を独自に収集しデータベース化しており、すでに世界75,000社と18,000プロジェク [...]

» 続きを読む

【国際】ヒューマン・トラフィッキングへの関与は食品飲料業界が最多。RepRiskが特別報告書

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクコンサルティング世界大手スイスのRepRiskは9月28日、ヒューマン・トラフィッキング(人身取引)実態に関する報告書「RepRisk Special Report: Human trafficking」を発表した。同社は、企業がサプライチェーン上で関与してしまっている人権問題についての分析開示を進めており、今回の報告書は今年4月に発表された「RepRisk Special Report: Forced Labor」に続 [...]

» 続きを読む

【国際】食品、建設、アパレル企業は奴隷労働との関連性強い。RepRisk特別報告書

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクコンサルティング世界大手のRepRisk(本社はスイス・チューリヒ)は4月20日、イギリスの「現代奴隷法」制定1周年を機に、強制労働に関する報告書「RepRisk Special Report : Forced Labor」を発表した。「奴隷労働」とも呼ばれるこの労働慣行について、違法な実態として問題となるケースが多いのは、国別ではタイ、ブラジル、米国、カタール、中国。業界別では飲食料、消費財、建設・建築資材、ハードウェ [...]

» 続きを読む

【国際】RepRisk、世界中の学術機関へESGリスクデータを提供へ

Facebook Twitter Google+

 ESGリスクに関する学術的研究が多くの研究機関で本格化することになりそうだ。ESGリスク分析・情報提供大手のRepRisk社は10月20日、ペンシルベニア大学ウォートンスクールのウォートン・リサーチ・データ・サービス(WRDS)に同社のESGリスクに関するデータ提供を開始すると発表した。  WRDSは世界の研究機関向けに企業の情報や財務分析データ、最新の学術研究成果などを提供しているデータベースプラットフォームで、現在33カ国で30 [...]

» 続きを読む

【国際】テクノロジーの発展が生む新たなプライバシー課題とは?RepRiskらが事例研究

Facebook Twitter Google+

 ESGリスク分析・情報提供大手のRepRisk社およびGECリスクアドバイザリー社は7月1日、テクノロジーの発達により近年増加しつつあるプライバシー課題についての特別共同報告書、"RepRisk and GEC Risk Advisory Joint Special Report on Privacy Issues"を公表した。  同報告書は、世界各地で起こった企業によるプライバシー問題の事例研究をしたもので、各事例について、問題の [...]

» 続きを読む

【国際】CSR評価の情報源が多い企業ほど評判リスクも高い。CSRHubとRepRisk調査。

Facebook Twitter Google+

 CSRデータ提供大手のCSRHubと、ESGリサーチ大手のRepRiskは5月13日、企業のCSR評価の際に活用できる情報源の多さと、その企業の評判リスクとの間には相関関係があるとする調査結果を公表した。この結果は両社が数年間に渡り収集してきた世界4000社以上の企業データを結合、分析した結果導き出されたものだ。  同調査によると、企業の売上規模や時価総額にかかわらず、サステナビリティ評価の参考となる情報源が多い企業(数多くのSRI [...]

» 続きを読む

【国際】 RepRisk、CDPにESGリスクデータを提供へ

Facebook Twitter Google+

 ESGリスク分析・情報提供大手のRepRisk社は3月4日、新たにCDPに対して同社のESGリスク分析データの提供を開始すると発表した。CDPは企業に対して気候変動対策に関する情報開示を求める機関投資家らによる国際イニシアチブで、加盟している767の機関投資家の運用資産総額は92兆米ドルに及び、企業に対して多大な影響力を持っている。  今後、RepRiskはESGリスク分析データの提供を通じ、CDPが毎年公開しているClimate [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る