【日本】トヨタ自動車、電気自動車を2020年代前半にグローバルで10車種以上に拡大 2017/12/24 最新ニュース

 トヨタ自動車は12月18日、2030年までの次世代自動車普及に向けたチャレンジを公表した。中国で急速に拡大する電気自動車市場を前に、電気自動車を推進する姿勢を鮮明にしたと言える。

  • 電気自動車(EV)は、2020年以降中国を皮切りに、日本、インド、米国、欧州で導入。2020年代前半にグローバルで10車種以上に拡大
  • 燃料電池自動車(FCV)は、2020年代に乗用車・商用車の商品ラインアップを拡充
  • ハイブリッド車(HV)は、トヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)の高性能化し、ハイパワー型、簡易型など商品ラインナップを拡充
  • プラグインハイブリッド車(PHV)は、2020年代に商品ラインアップを拡充

【参照ページ】トヨタ自動車、2030年に電動車の販売550万台以上、EV・FCVは100万台以上を目指す

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る