【日本】環境省と農水省、2016年度食品廃棄物推計値発表。半減目標には程遠く 2019/04/17 最新ニュース

【日本】環境省と農水省、2016年度食品廃棄物推計値発表。半減目標には程遠く 1

 環境省と農林水産省は4月12日、食品リサイクル法に基づく事業者からの報告等を基に、2016年度の食品廃棄物等及び食品ロスの発生量の推計値を発表した。食品廃棄物等は約2,759万t、このうち本来食べられるにも関わらず捨てられた「食品ロス」は約643万tだった。

【日本】環境省と農水省、2016年度食品廃棄物推計値発表。半減目標には程遠く 2
(出所)環境省

 環境省と農林水産省は現在、新たな基本方針の見直しを行っており、食品ロスを2030年度までに2000年度比50%削減するという目標の設定で動いている。過去推移では、2012年度から微減してきたが2015年度に大きく増加。2016年度はそこから再び減少トレンドとなったが、現在は643万t。これに対し、半減達成のためには273万tにすることが必要。従来とはレベル感の異なる取組が必要となる。

【日本】環境省と農水省、2016年度食品廃棄物推計値発表。半減目標には程遠く 3
(出所)環境省をもとにニューラル作成

【参照ページ】我が国の食品廃棄物等及び食品ロスの発生量の推計値(平成28年度)の公表について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る