private 【EU】EU理事会、水運のカーボンニュートラル化等を定めた「オパティヤ宣言」を正式採択 2020/06/11 最新ニュース

 EU加盟国閣僚級のEU理事会(EU上院に相当)は6月5日、水運の二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)化と競争力強化の政策を正式に採択した。欧州委員会とEU加盟国に対し、企業等のステークホルダーと連携しながら実現に向けてアクションを開始するよう要求した。

 今回の政策は、3月にクロアチアのオパティヤで開催されたEU加盟国の交通相会合で採択された「オパティヤ宣言」を、EU理事会として公式に承認したもの。オパティヤ宣言では、2030年までの水運カーボンニュートラル、デジタル化、航海士と船員のコンピテンシー向上、事故ゼロ、世界トップクラスの水運業界を実現するための連携の5つを掲げている。

 水運は、海洋での交通・輸送と、河川や湖沼等での交通・輸送の双方を含む概念。河川の多い欧州では、水運も発達しているが、今後海外輸出も視野に入れ、競争力の強化に動く。オパティヤ宣言は、2030年までのEU水運戦略を示す役割を果たしている。

【参照ページ】Towards a carbon-neutral and competitive EU waterborne transport sector – Council adopts conclusions

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る