private 【日本】環境省、インパクトファイナンス向けに「グリーンから始めるインパクト評価ガイド」発行

Facebook Twitter Google+

 環境省は3月26日、インパクトファイナンスを実施する金融機関・機関投資家向けに「グリーンから始めるインパクト評価ガイド」を発行した。国際的なイニシアチブを参照し、インパクト評価の手法をまとめた。  同省では2020年7月、「ESG金融ハイレベル・パネル」に設置された「ポジティブインパクトファイナンスタスクフォース」が「インパクトファイナンスの基本的考え方」を発表。今回の評価ガイドは、基本的考え方をさらに深堀りし、評価手法をまとめたも [...]

» 続きを読む

private 【国際】HP、取引先にサステナビリティ・インパクト評価要請。売上創出につなげる

Facebook Twitter Google+

 電子機器世界大手米HPは2月11日、サプライヤーや取引先向けのサステナビリティ・プログラム「HP Amplify Impact」を発表した。参加する取引先には、自身でのインパクト測定を義務化する。取引先に大幅なサステナビリティ改善を要求するのは異例。  HP Amplify Impactは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GRIとB Lab、企業のインパクト測定の分野での提携発表。まず双方のガイドラインの連関性整理

Facebook Twitter Google+

 国際サステナビリティ報告基準策定機関GRIと、Bコーポレーション認証を運営する米B Labは2月24日、企業のインパクト測定の分野でのパートナーシップを発表した。GRIが運営するGRIスタンダードと、B Labが運営するBインパクト・アセスメント(BIA)を連関させていく。  今回の両者は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】三井住友信託銀行、日本第1号リアルアセット向けインパクト投資ファンドのインパクト評価を実施

Facebook Twitter Google+

 三井住友信託銀行は2月26日、リアルアセットを投資対象としたインパクト投資ファンドに対し、日本で初めてインパクト評価を実施すると発表した。三井住友信託銀行がインパクトを評価し、日本格付研究所から、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)のポジティブ・インパクト・金融原則(PPIF)への準拠を保証する第三者意見を取得する。 【参考】【国際】主要金融機関19社、SDGs達成に向け「ポジティブ・インパクト・ファイナンス原則(PPIF [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNFP FI、銀行融資ポートフォリオのインパクト測定ツールで解説ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は10月29日、4月にリリースした銀行融資ポートフォリオのインパクト測定ツールについて、詳細を解説したユーザーガイダンスを発行した。 【参考】【国際】UNEP FI、銀行向けに融資ポートフォリオのインパクト測定ツール発表。PRB念頭に(2020年4月2日)  融資ポートフォリオのインパクト測定ツール「Portfolio Impact Analysis Tool for Banks」と ( [...]

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、タンパク質製品のインパクト評価フレームワーク発表。試験導入企業募る

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は8月18日、企業向けにタンパク質製品のサステナビリティ・インパクト評価を実施するためのフレームワークを提示した。  タンパク質製品のアセスメントの分野では、これまでも栄養素等に焦点を当てた手法は開発されてきたが、企業が包括的なインパクト評価を行うには必ずしも適したものではなかった。そこでWBCSDはあらためてフレームワークを開発した。  同フ [...]

» 続きを読む

private 【国際】ISS ESG、6500社対象にSDGsインパクト評価開始。負のインパクトを考慮。機関投資家向けに販売

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言世界大手米ISSのESG評価部門ISS ESGは5月5日、国連持続可能な開発目標(SDGs)でのインパクトを評価した新たな評価レポーティング・サービス「ISS ESG SDG Impact Rating」をリリースしたと発表した。翌月には同評価を活用したインデックス「SDG Impact Index」のリリースも予定している。  今回の評価では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】大手運用会社4社、投資ポートフォリオの生物多様性インパクト評価プロジェクト開始

Facebook Twitter Google+

 フランス投資運用大手アクサ・インベストメント・マネージャーズ、BNPパリバ・アセット・マネジメント、Mirova、Sycomore Asset Managementの4社は1月28日、投資が生物多様性に与える影響を評価するためのツール開発イニシアチブを発足。ESGデータプロバイダーを念頭に、開発パートナーの募集を開始した。  今回のアクションでは、政府、投資家、市民の間で、生物多様性の定量測定に関する関心が高まっていると指摘。気候変 [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNEP FI、PRI等、ESG投資のサステナビリティ・インパクト評価と既存の法制度の関係を共同分析

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、国連責任投資原則(PRI)、Generation Foundationの3者は11月27日、フレッシュフィールズ・ブルックハウス・デリンガー法律事務所との合同研究プロジェクト「A Legal Framework for Impact」を開始すると発表した。既存の法制度が、機関投資家のサステナビリティ・インパクト評価に与える影響を分析する。  パリ協定や国連持続可能な開発目標(SDGs) [...]

» 続きを読む

private 【国際】CBI、グリーンボンド発行後レポーティング現状分析第2回レポート発表。インパクト報告動向も分析

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド・ガイドライン策定国際NGOの英・気候債券イニシアチブ(CBI)は3月5日、グリーンボンドの発行後レポーティングの現状に関するレポートを発表した。同様のレポートは2017年6月に第1回を発表しており、今回が2回目で、2017年11月までに発行されたグリーンボンドを対象とした。  前回レポートから比べ、分析対象となったグリーンボンドは大きく増加し、発行体数で前回146から367に、発行額では前回660億米ドルから2,81 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る