private 【インドネシア】政府、石炭火力発電所新設を禁止。2031年には現行発電所の廃止も。EVシフトも開始

Facebook Twitter Google+

 インドネシアのエネルギー鉱物資源省は10月8日、政府が掲げた2060年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)の目標に向け、大まかなロードマップを発表した。 【参考】【インドネシア】政府、2060年カーボンニュートラル目標を国連に提出。再エネを大規模導入(2021年8月7日)  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界風力会議、各国政府に風力発電で「本気」要求。2030年までに現状の4倍の導入必要

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は10月18日、各国政府に対し、風力発電導入を加速させるための8つの政策提言を発表した。第26回気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に向け、各国政府に「本気で取り組む」よう求めた。  今回の共同声明に署名したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】機関投資家団体、萩生田経産相に第6次エネルギー基本計画での再エネ比率大幅引上げ要求

Facebook Twitter Google+

 国際的な低炭素推進機関投資家イニシアチブ「Investor Agenda」は10月18日、萩生田光一・経済産業相に対し、第6次エネルギー基本計画での再生可能エネルギー電源比率を大幅に引き上げるよう要請する公開書簡を発表した。閣議決定の前に、機関投資家としての意見を伝えた形。 【参考】【国際】機関投資家457機関4500兆円、COP26に向け政府にCO2目標引き上げ要求。TCFD法定義務化も(2021年9月19日)  同イニシアチブは [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】原子力公社、核融合原発のプロトタイプ建設で候補地5ヶ所を発表。公募の結果

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省の英国原子力公社(UKAEA)は10月14日、核融合型原子力発電所の候補地5ヶ所を発表した。2022年末頃に最終決定する予定。 【参考】【英国】政府、核融合型原子力発電の商用助成制度発表。2040年の商用化目指す(2019年10月8日)  今回の予定しているのは、核融合型原子力発電の商用化助成制度「STEP(Spherical Tokamak for Energy Production)」のプロトタ [...]

» 続きを読む

private 【スペイン】バッテンフォール、風力発電ブレードの埋立廃棄を禁止。2030年までにリサイクル率100%

Facebook Twitter Google+

 スペイン電力大手バッテンフォールは10月13日、寿命を終えた風力発電タービン・ブレードの埋立廃棄を禁止したと発表した。その上で、2025年までにブレードのリサイクル率を50%、2030年までに100%にまで引き上げる。  同社の今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】Breakthrough Energy Ventures、支援公募の情報提供要請開始。年内に第1弾公募

Facebook Twitter Google+

 再生可能エネルギー分野の推進や技術開発に投資する10億米ドル(約1,200億円)規模のファンド「Breakthrough Energy Ventures(BEV)」は9月20日、支援プロジェクト募集プログラム「ブレイクスルー・エナジー・カタリスト」を発表。10月20日までに、プロジェクトを組成するための情報要請(RFI)の応募を募る。 【参考】【国際】ビル・ゲイツら世界の資産家33名、10億ドルの再エネ分野ファンドを共同設立(201 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ノースカロライナ州、エネルギー会社に2050年カーボンニュートラル義務化州法成立

Facebook Twitter Google+

 米ノースカロライナ州のロイ・クーパー知事は10月14日、2030年までにエネルギー生産者の二酸化炭素排出量を2005年比70%減し、2050年までにネットゼロにすることを公式目標として設定したエネルギー・ソリューション州法案に署名。同州法が成立した。  同州法は当初案では、同州最大手の電力会社デューク・エナジーに対し、個別の発電所を明示した閉鎖の指示等を掲げていたが、硬直的な内容としてクーパー州知事は拒否権を発動する考えを披露。その [...]

» 続きを読む

private 【中国】習近平主席、国内で100GWの再エネ新設着工を発表。2030年までに1200GW計画

Facebook Twitter Google+

 中国の習近平国家主席は10月12日、中国北部の砂漠地帯を中心に、太陽光発電と風力発電を大規模の建設する計画で、最初の100GWの建設作業を開始したことを明らかにした。同国は、2030年までに1,200GWの導入政策を掲げている。  中国での太陽光発電設備容量は (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】内務省、2025年までに最大7件の洋上風力海域リース発表。2030年30GW目標に向け

Facebook Twitter Google+

 米ハーランド内務長官は10月13日、バイデン政権が掲げる2030年までに洋上風力発電を30GW導入するという目標を達成するため、今後の洋上風力発電リース計画を発表した。海洋エネルギー管理局(BOEM)が、2025年までに、メイン湾、ニューヨーク湾、大西洋中央部、メキシコ湾、ノースカロライナ州・サウスカロライナ州、カリフォルニア州、オレゴン州の沖合で最大7件の海域リース販売を行う計画。  内務省は、大統領令14008の指示に従い、他の [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る