【日本】経産省、2018年度の「石油・天然ガス自主開発比率」発表。29.4%にまで上昇

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は7月29日、石油・天然ガスの自主開発比率の2018年度結果を発表した。同比率は前年度から2.8%増加し29.4%となった。政府は、2030年に40%以上に引き上げることを目標としている。  同省は、「石油・天然ガスの自主開発比率」を、石油・天然ガスの輸入量及び国内生産量を分母とし、日本企業の権益に関する引取量及び国内生産量を分子とした割合と定義している。  今回比率が増加した背景については、「豪州におけるLNGプロジェク [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省、2018年度エネルギー白書が閣議決定。風力・太陽光より水素エネルギー強調か

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は6月8日、2018年度エネルギー白書が閣議決定されたと発表した。今年度のエネルギー白書では、明治維新後の日本のエネルギーをめぐる歴史を詳述し、時代にとともに論点が移り変わってきたことを強調。現在の各電源分野や送配電においても、課題と今年度関連予算を結びつけて説明し、経済産業省として対応しているとする姿を全面に打ち出した。一方、将来のエネルギー計画については、「将来的に」再エネの主力電源化するとしつつも、別途第5次エネルギ [...]

» 続きを読む

【日本】政府、「水素基本戦略」決定。褐炭をCCSでCO2フリー化する水素製造技術が柱か

Facebook Twitter Google+

 経済産業省資源エネルギー庁は12月26日、「第2回再生可能エネルギー・水素等閣僚会議」の場で「水素基本戦略」が決定されたと発表した。水素基本戦略は、2050年までの将来ビジョンと2030年までの行動計画を定めたもの。  同会議は、総務大臣、外務大臣、文部科学大臣、農林水産大臣、経済産業大臣、国土交通大臣、環境大臣、経済再生担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策)、内閣府特命担当大臣(海洋政策) [...]

» 続きを読む

【コロンビア】エネルギー開発のサステナビリティに関する世界ランキングで16位にランクイン

Facebook Twitter Google+

コロンビアは、WEC(World Energy Council:世界エネルギー会議)が毎年発表しているエネルギー開発に関するグローバルランキング”Energy Sustainability Index(エネルギー・サステナビリティ・インデックス)”において、2013年の24位から8位上昇し、16位となった。 WECは、エネルギーの利用可能性を促進するための国際的なネットワーク組織で、国連に認定された90カ国以上からの政府関係者・企業・ [...]

» 続きを読む

【EU】2030年のエネルギー効率化目標を30%と発表

Facebook Twitter Google+

欧州委員会は7月23日、2030年までにエネルギー効率を30%向上させるという目標を発表した。 今回の枠組みがもたらす利益としては、環境面への好影響だけではなく、EU企業への新たなビジネス機会創出、消費者の光熱費負担軽減、天然ガスの輸入比率低下によるエネルギー安全保障の強化などが挙げられており、より政策の費用対効果が意識されたものとなっている。 また、この30%という目標は、2020年までにエネルギー効率を20%向上させるという目標に [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る