private 【イギリス】政府、北海での石油・ガス開発で気候変動政策整合のチェックポイント設定へ。パブコメ募集

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は12月20日、石油・ガスの採掘ライセンス許認可での新たな条件設定に関するパブリックコメントの募集を開始した。同省は、今後のライセンス許認可について、英政府の2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)目標に準拠していることを条件とする。  同省の閣外相は2020年9月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、TCFD義務化法案提出。大手非上場企業も対象。2022年4月から。世界初

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は10月28日、大企業及び指定金融機関に対し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に基づく情報開示を義務化する会社法規則案を発表。国会に提出した。順調に成立すれば、2022年4月6日以降の会計年度の報告から適用。義務化国は世界初となる。  英政府は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、バイオマス政策声明発表。活用の優先順位、原則、イノベーション課題等を提示

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は11月4日、バイオエネルギーやバイオ素材に関する政策見解を示した「バイオマス政策声明」を発表した。バイオマスに関する現状分析や将来見通しをまとめた。今後、ステークホルダーとのエンゲージメントをさらに進め、2022年に正式にバイオマス戦略を発表する考え。  今回の文書では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】原子力公社、核融合原発のプロトタイプ建設で候補地5ヶ所を発表。公募の結果

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省の英国原子力公社(UKAEA)は10月14日、核融合型原子力発電所の候補地5ヶ所を発表した。2022年末頃に最終決定する予定。 【参考】【英国】政府、核融合型原子力発電の商用助成制度発表。2040年の商用化目指す(2019年10月8日)  今回の予定しているのは、核融合型原子力発電の商用化助成制度「STEP(Spherical Tokamak for Energy Production)」のプロトタ [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、包括的な「水素戦略」発表。グリーン・ブルー両睨み。基準策定も

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は8月17日、英国政府発の「水素戦略」文書を発表。同時に、「低炭素水素基準」「ネットゼロ水素ファンド」「水素ビジネスモデル」でも素案を示し、パブリックコメントの募集を開始した。  英政府の「水素戦略」は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、製造業のデジタル技術開発で5つの研究センター設置。総額81億円を助成

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は7月27日、製造業のデジタル技術の開発促進で、5つの新たなデジタル製造研究センターと、サプライチェーン生産性向上のためのプロジェクト37件に総額5,300万ポンド(約81億円)を助成した。製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を一気に進める。  今回の助成では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、2024年9月末で石炭火力発電を全廃。期限を1年前倒し

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー産業戦略省は6月30日、石炭火力発電の全廃時期を1年前倒しし、2024年9月末までに全廃すると発表した。実現すれば、わずか10年で、英国の電力の40%を発電した石炭火力発電がゼロになる。その分、再生可能エネルギーへの転換が大幅に進んだ。  同省は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】英政府、核融合型原発の規制方向性レポート発行。低リスクのため厳しい規制は不要

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は5月31日、核融合型の原子力発電の技術開発を安全で迅速に進めるための政策レポートを公表した。英政府のイノベーションに関する独立専門家Regulatory Horizons Council(RHC)が作成した。  英政府の核融合型原子力発電の政策目標は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、企業主導の革新技術開発9件に110億円の助成発表。デジタルツインやバイオ医薬品等

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は4月2日、革新的な技術開発を促進するため、企業主導の研究プロジェクト9件に対し、総額7,520万ポンド(約110億円)の助成金を拠出した。助成先の技術開発には、癌などの治療薬の費用対効果を改善する合成生物学や、自動車の運転に役立つセンサー技術、廃棄物からシャンプーなど生活用品をつくるテクノロジー等が含まれる。  今回の助成は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る