private 【EU】欧州中央銀行、サステナビリティ・リンク・ボンドを量的緩和政策としての資産買入対象に

Facebook Twitter Google+

 欧州中央銀行(ECB)は9月22日、量的緩和政策として実施されているパンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)や資産購入プログラム(APP)において、一定の条件を満たすサステナビリティ・リンク・ボンドも担保適格とすることを決定した。2021年1月1日から適用される。 【参考】【ヨーロッパ】ECBと英銀、新型コロナで市中銀行への優遇融資と資産買入プログラム増額を発表(2020年4月10日)  今回の決定で適格性を認められるサステナ [...]

» 続きを読む

【ブラジル】ブラジル中央銀行とCBI、サステナブルファイナンス推進で覚書。タクソノミーも検討

Facebook Twitter Google+

 ブラジル中央銀行と気候債券イニシアチブ(CBI)は9月14日、ブラジル金融セクターでのサステナブルファイナンス推進や社会・環境及び気候変動リスクの統合を目的とする覚書を締結したと発表した。  今回のパートナーシップでは、両者が知見やベストプラクティスを共有し、特に国際基準やタクソノミーをブラジル中央銀行の業務の中に組み入れていることを目指す。また気候変動や社会・環境リスクを測定、緩和するためのツールの開発も進める。  同パートナーシ [...]

» 続きを読む

private 【インド】インド準備銀行、気候変動による農業収量悪化を危惧。アニュアルレポートで開示

Facebook Twitter Google+

 インドの中央銀行であるインド準備銀行は8月25日、2020年度のアニュアルレポートを発行。その中で、気候変動によるインド国内での気温上昇により、農業収量が低下してきていることへの危惧を明らかにした。インドでも中央銀行が気候変動による経済影響を懸念するまでになっている。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】ECB、EUタクソノミーに「ブラウン・タクソノミー」設定を要請。リスクマネジメント不十分

Facebook Twitter Google+

 欧州中央銀行(ECB)は6月8日、サステナブルファイナンス戦略の改正と非財務情報開示指令(NFRD)改正に関し、欧州委員会が実施しているパブリックコメントへの回答内容を公表した。EUタクソノミーに関し、制定されたEUタクソノミー規則では不十分との見方を示した。  今回のパブリックコメントは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フィリピン】中央銀行、全銀行に環境・社会リスクマネジメント導入義務化。特に気候変動

Facebook Twitter Google+

 フィリピン中央銀行は4月29日、同国の全銀行に対し、サステナビリティ原則を策定し、環境・社会リスクマネジメント・システム(ESRMS)の導入を義務化した。環境・社会リスクが金融システムの不安定化につながると指摘した。  今回のルールは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】ECBと英銀、新型コロナで市中銀行への優遇融資と資産買入プログラム増額を発表

Facebook Twitter Google+

 欧州中央銀行(ECB)理事会は4月7日、新型コロナウイルス・パンデミック不況に対処するための金融政策として、金融機関に対する中央銀行からの借入れ基準や規制基準を緩和した。発表された金融政策は3つの柱で構成する。  まず、ECBの長期資金供給オペ(LTRO)において、市中銀行が国債等を担保とし、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】FRB、250兆円金融政策。資産買入80兆円増。新・中小企業向け融資65兆円。新型コロナ

Facebook Twitter Google+

 米連邦準備制度理事会(FRB)は4月9日、2.3兆米ドル(約250兆円)の金融政策プログラムを4月7日に決定したことを公表した。4つのプログラムで構成し、そのうち2つは既発表のもの。新型コロナウイルス・パンデミック不況で、企業と金融機関の双方で負債負担が膨らむ中、中央銀行が市中への資金供給で下支えする。  4つのプログラムの中で、1つ目は、4月6日に発表していた米連邦政府の中小企業向け優遇ローン「給与保護プログラム(PPP)」を担保 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】英中銀PRA、気候変動ストレステスト準備を前倒し。新型コロナでIFRS9の取扱にも配慮

Facebook Twitter Google+

 英金融規制当局のイングランド銀行の健全性監督機構(PRA)は3月20日、新型コロナウイルス・パンデミックで経営的な負荷を抱える規制金融機関に配慮し、業務負荷軽減策を複数発表した。金融機関に対し、取引先の資金需要に応え、信用収縮を抑制することを優先する。  まず、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BIS、気候変動金融危機リスクを「グリーン・スワン」と呼称。中銀の抜本的な認識変化必要

Facebook Twitter Google+

 国際決済銀行(BIS)は1月20日、気候変動による金融危機に備えた政策展開の必要性を提唱するレポート「Green Swan」を発表した。金融業界では、起こる可能性が限りなく小さいが起きたときに壊滅的な損害を与える事象のことを「ブラック・スワン」と呼ぶが、気候変動という環境リスクになぞらえ「グリーン・スワン」という名称を付けた。  BISは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る