private 【スイス・インド】カールスバーグ、EVトラック輸送促進。太陽光・熱による浄水システムで清潔な水供給推進

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは11月25日、スイス・ラインフェルデンのフェルトシュロッセン醸造所からの輸送で、自動車世界大手仏ルノーの26tEVトラック20台を、2021年3月から投入すると発表した。同社配送センター12ヵ所から100%電気自動車(EV)での輸送が開始される。  フェルトシュロッセン醸造所からの輸送は、可能な限り鉄道輸送を利用。商品輸送の60%を占める。2020年春には、鉄道輸送網を拡張し、物流センター15 [...]

» 続きを読む

private 【国際】オーステッド、英蘭で洋上風力発電事業推進。韓国仁川でも洋上風力建設へ

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手オーステッドは11月27日、オランダ・ボルッセレの洋上風力発電所2機について完全稼働すると発表した。同発電所の設備容量は752MW。同国最大で、世界では2番目の規模となる。2機の発電では、同国100万世帯の電力需要を賄うことが出来る。  また同社とドッガーバンク風力発電所は11月24日、同風力発電所2機で発電される電力の市場販売の40%をオーステッドが管理することに合意すると発表した。同合意は、英国の再生可能エネル [...]

» 続きを読む

private 【国際】金融大手16社、金融機関の投融資GHG報告基準を策定。BoA、モルスタ等。PCAF主導

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手16社は11月18日、金融機関向け温室効果ガス(GHG)報告標準「金融業界のグローバルGHG算出・報告スタンダード」をリリースした。銀行、運用会社、アセットオーナーの投融資ポートフォリオの二酸化炭素排出量に関する測定・報告で国際基準を定めた。  同基準を策定したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】石油・ガス62社、メタンガス排出量報告フレームワークOGMP2.0発表。シェル、BP等

Facebook Twitter Google+

 気候変動・大気汚染防止のマルチステークホルダー型国際パートナーシップ(CCAC)が運営する石油・ガス企業国際イニシアチブ「石油・ガス・メタン・パートナーシップ(OGMP)」は11月23日、石油・ガス企業のメタンガス排出量について、透明性の高い新たな報告フレームワーク「OGMP 2.0」を発表した。自社だけでなく持分法適用会社に対しても算出の対象とすることを明確にした。  OGMPは2014年に発足。CCACの他、EU欧州委員会、国連 [...]

» 続きを読む

private 【国際】エクイノール、2050年エネルギー・CO2の3シナリオ発表。CO2ゼロがGDP成長に最も貢献

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー・エネルギー大手エクイノールは11月17日、2050年までの世界のエネルギー需要と二酸化炭素排出量の予測を示したレポート「エネルギー展望2020」を発表した。3つのシナリオを提示し、国際協調の重要性を説いた。ノルウェーは世界有数の産油国。  同社が今回示したシナリオは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】イケア、植物由来食品を拡充する2025年目標設定。消費者の健康促進と環境負荷低減

Facebook Twitter Google+

 家具世界大手スウェーデンのイケアは11月23日、同社レストランでのメニューを植物由来中心に切り替えると発表した。2025年までに主菜の50%を植物由来にし、肉料理の80%を牛肉や豚肉等以外の肉にする。他にも、包装済み食品の80%を植物由来に転換。提供する料理全体の80%を同社食品バランス規範を満たすものにする。  食品バランス規範とは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IMO、海運のCO2排出削減強化でMARPOL条約改正案を承認。2021年の正式採択目指す

Facebook Twitter Google+

 国際海事機関(IMO)の海洋環境保護委員会(MEPC)は11月18日、 船舶の二酸化炭素排出基準を強化するマルポール(MARPOL)条約の改正案を承認した。MARPOL条約では、改正案については半年以上の周知期間を設定することが定められており、2021年に開催する次回のMPECでの正式採択を目指す。改正が採択されると、16ヶ月以上の準備期間をおいて発効する。  IMOは、2030年までに海運での原単位二酸化炭素排出量を2008年比4 [...]

» 続きを読む

private 【フランス】トタル、パリ市EV充電委託を落札で100%再エネ供給。LNG燃料供給船、CCUSにも注力

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手仏トタルは11月18日、パリ市が公募していた電気自動車(EV)充電スタンド設置委託プロジェクトで、公道脇に設置する公共充電スタンドの10年間の管理権を落札したと発表した。スタンドを2,300台設置し、運営、電力提供を一括して担う。同プロジェクトによりパリ市内のスタンド数は53%増となる。  パリ市は、以前、電気自動車(EV)カーシェアリングサービス「オートリブ(Autolib’)」を運営していたが、巨大な赤字に陥り [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】ディアジオ、サステナビリティ2030年目標設定。飲酒、D&I、環境分野で25の目標発表

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオは11月23日、2030年目標として「Society 2030」を発表。2030年までにポジティブ・インパクトを創出するとし、「ポジティブな飲酒の促進」「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」「穀物からグラスまでのサステナビリティ主導」の3分野で25個の目標を設定した。 【参考】【国際】ディアジオ、2020年目標の進捗発表。CO2半減を達成。国際NGO連携のインパクト拡大でも成果  ポジティブな飲酒の促進で [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】BPとオーステッド、グリーン水素工場を共同建設。年間8000t生産。2024年運転開始

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手英BPとデンマーク電力大手オーステッドは11月10日、ドイツでグリーン水素生産工場を共同建設することで基本合意した。2022年初頭に最終投資判断し、2024年までに運転開始する予定。  グリーン水素とは、再生可能エネルギー電力で水を電気分解することで生成する水素。化石燃料の改質で生産されるグレー水素と異なり、生産過程で二酸化炭素を排出しない。今日の主流はグレー水素だが、将来的にはグリーン水素が主流になるとみられてい [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る