private 【ヨーロッパ】西欧では2023年までに再エネ(水力除く)が最大電源化。フィッチ予測

Facebook Twitter Google+

 信用格付大手米フィッチ・レーティングス子会社のフィッチ・ソリューションズは5月2日、今後10年間の再生可能エネルギーの最新見通しを発表。西欧では2023年までに再生可能エネルギー(水力発電除く)が最大の電源になるとの予測を示した。  今回のレポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】トタル、2050年までに欧州商品販売のCO2スコープ3排出量ゼロ。エネルギー大手初

Facebook Twitter Google+

 仏エネルギー大手トタルは5月5日、2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロ(カーボンニュートラル)にするため、欧州事業でのスコープ3排出量も2050年までに排出ゼロにする目標を発表した。再生可能エネルギーによるエネルギー供給に転換する。  トタルは2015年から、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【中国】石炭採掘大手・宝豊能源、世界最大級のCO2フリー水素製造プラント建設開始。CO2削減

Facebook Twitter Google+

 中国石炭採掘大手・寧夏宝豊能源集団(Baofeng Energy)は4月中旬、世界最大級の二酸化炭素フリー水素製造プラントを寧夏回族自治区に建設するプロジェクトを発表した。年間の水素製造量は1.6億m3を計画。太陽光発電で水を電気分解し水素を生成する。プラントは2020年中に完成し、2021年に営業運転を開始する。  同社の計画では、設備容量100MWの太陽光発電パネルを2ヶ所に建設し発電。その電気で水を電気分解し、年間で水素を1. [...]

» 続きを読む

private 【国際】ハーバードとオックスフォード、大学基金で2050年カーボンニュートラル宣言。パリ協定遵守

Facebook Twitter Google+

 米ハーバード大学のラリー・バコウ学長は4月21日、2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にコミットすると発表した。同大学の運営基金(エンダウメント)に対しても、2050年までのカーボンニュートラルを実現することを要求した。エンダウメントでの2050年カーボンニュートラル宣言は、米国大学で初。バコウ学長は、気候変動を「現代の決定的な課題」と言及した。  2050年までのカーボンニュートラルは、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

private 【国際】機関投資家団体NZAOA、気候変動1.5℃目標実現のための測定メソドロジー開発促進へ

Facebook Twitter Google+

 2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにするシナリオと整合性のある投資ポートフォリオを実現することにコミットするイニシアチブ「Net-Zero Asset Owner Alliance(NZAOA)」は4月23日、ポートフォリオの気候変動目標設定のメソドロジーに関するパブリックコメントを開始した。締切は5月1日まで。  NZAOAは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】有力シンクタンク、小売企業に食品廃棄物・ロスの発生量とCO排出量の開示要求。機関投資家にも

Facebook Twitter Google+

 英シンクタンクは4月23日、小売企業に対し、食品廃棄物及び食品ロスからのスコープ3二酸化炭素排出量の算出、開示を求めるレポートを発表した。投資家に対しても投資先の小売企業に対し、食品廃棄物及び食品ロスの状況を報告させ、二酸化炭素排出量やコストを削減するプレッシャーをかけるよう促した。  今回のレポートを発表したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】カーギル、アイオワ州大豆協会等、環境改善農法を大規模導入。土壌保護と水消費削減

Facebook Twitter Google+

 穀物世界大手米カーギル、アイオワ州大豆協会、Quantified Venturesの3者は4月9日、全米有数の農業地域であるアイオワ州の大豆農場で、土壌保護と水消費量削減を導入する大規模なプロジェクトを開始した。  今回のプロジェクト運営のために創設されたのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IRENA、2050年カーボンニュートラルで5倍の経済効果と算出。2050年長期展望

Facebook Twitter Google+

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は4月20日、2050年までの再生可能エネルギーの展望を分析したレポートを発表。パリ協定での1.5℃目標を達成するために、最大130兆米ドル(約1.4京円)の投資が必要となるが、それに伴う社会経済的便益は莫大と予測。2050年までに世界のGDPに98兆米ドル(約1京円)以上の便益が見込まれるとした。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】シェル、2050年カーボンニュートラル宣言。Climate Action 100+がエンゲージメント

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは4月16日、気候変動対応として、2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にコミットすると発表した。新型コロナウイルス・パンデミックや原油価格下落局面による財務的圧力が大きい中にあっても、1.5°C目標達成に向け推進する。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る