【オランダ】公的年金ABP、韓国総合商社大手ポスコ大宇からの投資引揚げ決定。パーム油森林破壊

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPは6月22日、韓国総合商社大手ポスコ大宇の保有全株式を売却したと発表した。同社子会社がパーム油生産のため森林伐採を進めていたため。ABPは2018年3月末時点でポスコ大宇株式を約30万ユーロ(約3,900万円)分保有していた。  ポスコ大宇は、旧社名が大宇インターナショナル。ポスコ大宇は2017年、同社子会社を通じてインドネシア領ニューギニア島で森林破壊に関与し、さらに土地所有者との間でもトラブルがあった [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP1、ブラックロックの新興国インパクト投資ファンドに110億円投資

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP1は5月3日、新興国のインパクト投資ファンドに1億米ドル(約110億円)投資すると発表した。投資先のファンドは、同基金の要請で米ブラックロックが設定した「BlackRock Emerging Markets Equity Impact Fund」。財務リターンを犠牲することなく、社会や環境インパクトも追求するアイルランド籍UCTISファンド。AP1は運用資産総額3,330億スウェーデンクローナ(約4.2兆 [...]

» 続きを読む

【イギリス】地方政府年金Brunel、ESG株パッシブ運用委託先にLGIMを選定

Facebook Twitter Google+

 英地方政府年金基金Brunel Pension Partnershipは4月27日、ESG株式パッシブ運用の委託先に英保険系運用会社リーガル&ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)を選定したと発表した。  Brunel Pension Partnershipは、英国の地方政府年金基金スキーム「LGPS」の一つ。LGPSは2015年に英政府が定めた制度で、イングランドとウェールズの地方政府年金基金は運用の効率化のため、8 [...]

» 続きを読む

【フランス】公的年金FRR、欧州及び仏小型株企業でのESG投資運用委託先募集開始

Facebook Twitter Google+

 フランス公的年金基金FRR(フランス年金準備基金)は4月25日、欧州及び仏小型株企業を対象としたアクティブ型ESG投資運用の委託先募集を開始した。一部の運用会社のみに公募への参加を呼びかけた。2018年3月末の運用資産総額は360億ユーロ(約4.8兆円)。  委託募集案件は2つ。欧州の小型株対象の11億ユーロ(約1,500億円)と、フランス小型株対象の6億ユーロ(約800億円)。いずれの案件でも、銘柄戦隊過程でのESG基準設定、投資 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ニューヨーク市、化石燃料ダイベストメント戦略策定の具体的プロセス開始

Facebook Twitter Google+

 米ニューヨーク市のスコット・ストリンガー財務長官は4月23日、化石燃料ダイベストメントのための具体的なプロセスを開始した。ニューヨーク市職員退職年金基金(NYCERS)、ニューヨーク市教職員退職年金基金(TRS)、ニューヨーク市教育委員会退職年金基金(BERS)を代表し、ダイベストメント実行戦略策定プロジェクトの情報収集のためのRFI(リクエスト・フォー・インフォメーション)を公表。公募を開始した。  ニューヨーク市は2017年12 [...]

» 続きを読む

【台湾】公的年金基金「労働部労働基金」、台湾株ESG投資運用開始。委託先7社選定

Facebook Twitter Google+

 台湾の公的年金基金、労働部労働基金(BLF)運用局は4月9日、台湾株対象のESG投資運用委託先を7社選定した。合計420億台湾ドル(約1,500億円)の運用を開始する。BLFが台湾株対象のESG投資運用委託先を選定したのは今回が初。BLFの運用資産総額は約3.7兆台湾ドル(約13兆円)。  選定された7社は、國泰投信(Cathay Securities Investment Trust)、群益投信(Capital Investmen [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界銀行とGPIF、ESG債券投資に関する共同分析レポート発表

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループと年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は4月19日、債券分野でのESG投資の分析レポートを共同で発行。ESG債券投資はリスクマネジメントを強化できるとともに、安定的なリターンにも貢献するとの見方を示した。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と世界銀行グループは2017年10月11日、ESG債券投資分野での共同研究を行うと発表。今回の報告書は共同研究の一環。 【参考】【日本】GPIF、世界銀行グループとES [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ニューヨーク州退職年金基金、CO2排出量の多い10社に削減目標設定を要請

Facebook Twitter Google+

 米ニューヨーク州のトーマス・ディナポリ財務長官は4月3日、同氏が運用委員長を務めるニューヨーク州退職年金基金の投資先企業の中で二酸化炭素排出量の多い10社に対し、排出量を削減し、気候変動リスクに対処するよう求める書簡を送付した。排出量の多い企業を選ぶに当たってCDPのデータを用いた。同基金はすでに、エクソンモービル、AES、デューク・エナジーに対してエンゲージメントを行っているが、今回発表の10社とのエンゲージメントも強める。  送 [...]

» 続きを読む

private 【日本】GPIF、2018年度よりESGレポート発行を計画。ESG観点で投資運用の効果を測定

Facebook Twitter Google+

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3月30日に開催した経営委員会で、2018年度からGPIFとしてのESGレポートを発行することを決めた。GPIFはこれまで投資運用の財務パフォーマンスを公表してきたが、今年度より投資運用の透明性をさらに高めるため、社会や環境に与えた効果を測定、評価し、公表する。  GPIFの水野弘道理事兼CIOは4月10日 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】カルスターズ、大株主としてフェイスブック個人情報流出問題でエンゲージメント実施

Facebook Twitter Google+

 カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)は4月5日、フェイスブックの個人情報流出問題について、同社株主としてエンゲージメントを行っていることを発表した。ユーザーデータの保護への取組、及びユーザー、株主、社会からの信頼回復のためのステップ等を協議している。カルスターズは、フェイスブックの上場前から株式を保有しており、現在の株式保有額は9億3,120万米ドル(約1,000億円)。 【参考】【アメリカ】フェイスブック、個人情報 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る