【アメリカ】商務省、新たに中国28社を製品販売禁止企業に指定。ウイグルでの人権侵害関与が理由

Facebook Twitter Google+

 米商務省産業安全保障局(BIS)は10月7日、同国の国家安全保障および外交政策上の利益に相反するとして、中国・新疆ウイグル自治区公安部傘下の19機関、企業8社を米政府の許可なく米企業が製品販売や技術移転をすることを禁止するリスト「Entitly List」に登録したと発表した。同様の規制は5月、6月にも実施。すでにファーウェイ(華為技術)と関連会社68社が登録済み。 【参考】【アメリカ】商務省、新たに中国5社を製品販売禁止企業に指定 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】商務省、新たに中国5社を製品販売禁止企業に指定。天津海光先進技術投資等

Facebook Twitter Google+

 米商務省産業安全保障局(BIS)は6月21日、中国5社に対し、米国のサプライヤーからの部品調達を禁止した。BISは5月15日にファーウェイ(華為科技)等68社を対象に部品調達を禁止していたが、今回新たに5社が追加された。  追加された企業は、米半導体アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の中国での合弁相手である天津海光先進技術投資と、成都海光集成電路、成都海光微電子技術、中科曙光、無錫江南計算技術研究所。 【参考】【アメリカ】 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】商務省、ファーウェイを米企業の製品販売禁止企業に指定。締め出し強化の大統領令も発動

Facebook Twitter Google+

 米商務省産業安全保障局(BIS)は5月15日、中国通信機器大手のファーウェイ(華為技術)と関連会社68社を、米政府の許可なく米企業が製品販売や技術移転をすることを禁止するリスト「Entitly List」に登録したと発表した。これにより、ファーウェイは事実上、米企業から部品供給や技術ライセンス提供が受けられなくなる。同省は、「米国の安全保障を脅かすため」と説明した。  同日、米トランプ大統領も、米国の情報通信インフラに脅威を与えるお [...]

» 続きを読む

【アメリカ】商務省、南スーダンの石油採掘15社に制裁発動。現地政府の悪行に加担と説明

Facebook Twitter Google+

 米国務省は3月21日、南スーダンで事業活動を行う石油採掘企業15社に対し制裁を科すと発表した。米国政府が問題ありとみなす南スーダン政府への圧力をかける狙いがあると見られている。国務省は、「同企業の売上の一部が南スーダン政府に渡り、その資金が武器購入や違法民兵維持に使われ、平和、安全保障、社会不安を引き起こしている」と説明した。  制裁の内容は、制裁対象企業に対し米国産品を輸出、再輸出または輸送する者は、事前に米商務省のライセンス許可 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】トランプ政権、海洋大気庁下の気候変動に関する諮問委員会を解散

Facebook Twitter Google+

 米トランプ政権は8月20日、商務省海洋大気庁(NOAA)に設置していた気候変動に関する諮問委員会「Advisory Committee for the Sustained National Climate Assessment」を解散することを決定した。  同委員会は、気候変動に関する政策提言の役割を果たす全米気候評価報告書(National Climate Assessment)の活動の一環として誕生。全米気候評価報告書は、4年毎 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る