private 【アメリカ】SDGs運用専業17 Asset management、優れた投資機会見出すフレームワーク提示

Facebook Twitter Google+

 国連持続可能な開発目標(SDGs)にフォーカスした米投資運用17 Asset managementは4月、SDGsから優れた投資機会を見出すフレームワークを示したレポートを発表した。SDGs分野へのファイナンスに対する啓蒙を行うとともに、同社の事業販促を狙う意味もある。  17 Asset managementは2018年にニューヨークに創業。主に機関投資家を対象に投資運用を行っている。今回のレポートは、中朝企業向け投資大手SEAF [...]

» 続きを読む

【国際】地方政府のSDGs定量モニタリングのあり方整理。LDA-SIが初回の実験導入レポート発表

Facebook Twitter Google+

 国連の持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)が展開するデータ活用イニシアチブ「TReNDS(Thematic Research Network on Data and Statistics)」と、米国のUSA Sustainable Cities Initiative(USA-SCI)は4月15日、地方政府と対象としたデータ活用イニシアチブ「LDA-SI(Local Data Action Solutions Init [...]

» 続きを読む

【国際】国連事務総長、国連ハビタットのSDGsミッション明確化。目標11街づくりの中核機関に

Facebook Twitter Google+

 アントニオ・グテーレス国連事務総長は2月27日、国連人間居住計画(UN-Habitat:国連ハビタット)の新たな戦略方向性に関するメモを国連経済社会理事会(ECOSOC)に提出した。2020年から2025年までの間、国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標11「住み続けられる街づくりを」の分野でのイノベーションとエクセレンスの中核に据える構想。  今回の計画は、SDGsが策定されてから初めて、UN-Habitatに関する戦略の方向性 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SDSN、米国都市のSDGs達成フレームワーク発表。具体的な10ステップ提示

Facebook Twitter Google+

 国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」は3月1日、米国の都市向けに国連持続可能な開発目標(SDGs)を意識した持続可能な街づくりへの道筋を示したレポート「A Pathway to Sustainable American Cities: A Guide to Implementing the SDGs」を発行した。SDSNは目下、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンノゼ、バルチモア等の大都市とパートナーシップを [...]

» 続きを読む

private 【国際】IIRC、GRI、CDP、SASB、ISO等、SDGsについての企業報告で対話実施。考え方発表

Facebook Twitter Google+

 国際的な企業報告基準運営のCDP、GRI、CDSB、FASB(米国財務会計基準審議会)、IASB(国際会計基準審議会)、国際標準化機構(ISO)、SASB(米サステナビリティ会計審議会)、IIRC(国際統合報告評議会)の8団体による協働組織「Corporate Reporting Dialogue(CRD)」は2月28日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を支援するための企業報告フレームワークに関し、ポジションペーパーを発表し [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、B Labと協働で企業のSDGs進捗測定ツール開発。2020年中旬完成予定

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は2月26日、「Bコーポレーション」認証を運営する米NGOのB Labと協働で、企業が国連持続可能な開発目標(SDGs)観点での達成進捗度を管理できる新たなオンラインツールを開設すると発表した。完成は2020年中旬の予定。 【参考】B Corporation(Bコーポレーション)(2015年2月9日)  B Labはこれまで、Bコーポレーションの認証の到達達成度を自主的に測定するためのツール「B [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、若者ビジネスパーソン向けSDGsプログラムを始動

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は2月1日、若者ビジネスパーソン向けに、国連持続可能な開発目標(SDGs)推進のためのプログラムを2つ発表した。ビジネスでSDGs達成を後押しするため、若者育成を行う。  1つ目のプログラムは、毎年開催している表彰制度「SDG Pioneers」。同賞は、SDGs(持続可能な開発目標)達成に資するビジネスイノベーションや創造性を発揮した個人を表彰するもので、2016年にスタート。UNGC署名機関 [...]

» 続きを読む

【国際】Verra、SDGsプロジェクトの任意認証制度「SD VISta」開始。第三者機関がプロジェクトを評価

Facebook Twitter Google+

 国際的なカーボンオフセット基準管理団体米Verraは1月23日、国連持続可能な開発目標(SDGs)に資するプロジェクトの新たな認証制度「Sustainable Development Verified Impact Standard(SD VISta)」を発表した。SDGsに関連するプロジェクトであれば、気候変動以外のものも申請できる。プロジェクトの品質を高め、投資や寄付を呼び込みたい考え。  Verraは、カーボンオフセットの任意 [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、企業・政府等にSDGsファイナンス拡大を要求

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は1月23日、国連持続可能な開発目標(SDGs)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」実践に向け、企業、政府、他のアクターに対し、SDGs達成に向けたファイナンスを拡大するよう要求した。投資家にとって便益となる長期的な事業姿勢を示すとともに、サステナビリティ・アジェンダに関する進捗や貢献を測定し情報開示する新手法を開発するよう要請した。  今回の発表は、2019年の世界経済フォ [...]

» 続きを読む

【アジア・オセアニア】90%以上の消費者が「企業は社会課題を考慮すべき」。カンター・レポート

Facebook Twitter Google+

 マーケティングリサーチ世界大手英カンター(KANTAR)は12月10日、アジア太平洋地域の消費者に関心の高い社会課題と消費動向に関するレポート「PURPOSE IN ASIA」を発表した。「自分たちが直面している社会問題にブランドは取り組むべきだ」と回答する消費者が90%以上と非常に高かった。社会課題リストは、国連持続可能な開発目標(SDGs)を用いた。  今回のレポートは、オーストラリア、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る