private 【日本】武田薬品、バリューチェーン全体でカーボンニュートラルを達成。2040年までにカーボンゼロ

Facebook Twitter Google+

 武田薬品工業は1月28日、スコープ3まで含めたバリューチェーン全体での二酸化炭素排出量で、グローバル全体で、2019年度でネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を達成したと発表した。削減しきれなかった分は、カーボンオフセットを活用した。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】モデルナのワクチン候補、英国と南アの変異種にも有効。日本では武田薬品が輸入・配布

Facebook Twitter Google+

 米バイオテクノロジー大手モデルナは1月25日、同社の新型コロナウイルス・ワクチン候補「mRNA-1273」が、英国で発見された変異種「B.1.1.7」と、南アフリカで発見された変異種「B.1.351」の双方で、有効性が確認できたと発表した。 【参考】【国際】米モデルナ、新型コロナ・ワクチン候補で94.5%の有効性。英・EUはすでに当局レビュー開始(2020年11月18日)  今回の有効性試験は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】IFPMA、薬剤耐性菌対策で1070億円ファンド設立。2050年まで毎年死者千万人のおそれ

Facebook Twitter Google+

 国際製薬団体連合会(IFPMA)は7月10日、製薬企業20社以上と協働し、薬剤耐性(AMR)菌対策支援ファンド「AMR Action Fund」を設立したと発表した。2030年までに新規の抗菌薬を2剤から4剤の製品化を目指し、10億米ドル(約1,070億円)を投資していく。2020年第4四半期中に運用開始予定。  AMRとは、抗生物質に対する耐性を細菌が獲得し、細菌感染に対する治療を無効化してしまうもの。耐性菌による感染症は死亡者数 [...]

» 続きを読む

private 【日本】武田薬品、医療アクセス支援団体を2つ追加で合計18億円寄付。新型コロナで国連にも25億円寄付

Facebook Twitter Google+

 武田薬品工業は6月11日、途上国における医療制度の強化と医療へのアクセス向上を目指すプログラムで、2020年度の支援先に、ミャンマーの新型コロナウイルス支援基金Access to Health Fundと、低・中所得国開発推進NGOのBridges to Developmentを追加したと発表した。同社は2016年以降、60カ国16プログラムを支援。総額123億円を拠出してきた。支援先は、同社全従業員の投票で決定している。  Acc [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】メイヨークリニック等、回復者血漿を基にした新型コロナ治療薬開発開始。武田薬品も参画

Facebook Twitter Google+

 米メイヨークリニックは5月26日、新型コロナウイルス感染症対策イニシアチブ「The Fight Is In Us」の発足を発表した。武田薬品工業も参画した。同イニシアチブは、新型コロナウイルス感染症の感染回復患者から血漿を採取し治療薬を開発するもの。  同イニシアチブの参画者は、メイヨークリニック、ミシガン州立大学、ワシントン大学セントルイス医学大学院が主導する「National COVID-19 Convalescent Plas [...]

» 続きを読む

【国際】医薬品アクセスインデックス2018、武田薬品工業が5位に躍進。首位GSK

Facebook Twitter Google+

 国際医薬品アクセス向上NGOの医薬品アクセス財団(Access to Medicine Foundation)は11月20日、発展途上国での医薬品へのアクセス改善に関する実践や貢献度を評価したランキング「医薬品アクセスインデックス(ATMインデックス)」の2018年結果を発表した。発表は2年毎で今年で6回目。首位はグラクソ・スミスクライン(GSK)。  同インデックスは、研究機関をもつグローバルな最大手医薬品メーカー20社が対象。対 [...]

» 続きを読む

【戦略】新興国で興隆する新たなCSRリーダーシップの動き 〜インド・中国・中南米〜

Facebook Twitter Google+

重心から移動する世界経済  世界経済は今、欧米先進国中心だった時代から新興国が主要プレーヤーとして参加する時代へと大きく移りつつあります。2001年に投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって提唱されたBRICs。中国、インド、ロシア、ブラジルの4ヶ国を合わせたGDP合計は、1990年の1兆6700USドルから2013年には約15兆USドルへと飛躍的に上昇しています。特に中国、インドは21世紀には新たな経 [...]

» 続きを読む
2015/04/07 体系的に学ぶ

【レポーティング】統合報告による企業情報開示の変革 〜武田薬品工業社の成功事例〜

Facebook Twitter Google+

統合報告時代の到来企業の財務的利益とCSRの関係が新たな時代を迎えようとしています。これまで企業戦略構築において、脇役的な存在に追いやられていたサステナビリティ・CSRの重要性が大きく増しています。この新しいうねりを作り出しているキーワードは「統合報告」です。統合報告とは何か。その説明に入る前に、今まで語られてきた財務的利益とCSRの関係を少し振り返ってみましょう。CSRという言葉が普及し始めたのは20世紀後半。このときCSRは慈善活 [...]

» 続きを読む
2014/08/13 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る